雑学

お風呂に柚子を入れる理由(冬至)

 

 日本では冬至に柚子を入れる習慣がある。どうしてこのようになったのかを以下に示す。

 

冬至に柚子を入れる理由

 

 冬至は一年で一番昼が短いため、死に近い日であると考えられていた。強い香りで邪気を振り払うために、冬至に柚子を入れる。

 一陽来復(冬至を境に運気を上昇させる)前に柚子湯に入っておくことで、運気を上昇させるため。

 融通の利く冬至=柚子の効く冬至という語呂合わせ。

 柚子湯に入ることで、一年間風邪をひかない。

 長年の苦労が報われますようにという願いが込められている。

 

*柚子湯の習慣が始まったのは江戸時代といわれている。

 

柚子湯の作り方

 

  1. 柚子を5~6個、丸ごとお風呂に入れる。(個数は人によって変わる)
  2. 輪切りや半分にカットしてお風呂に入れる。
  3. 2の状態で袋に入れる

 1~3のうち好みの方法を選ぶとよい。なお、自分で用意できない場合は、柚子湯を用意している銭湯を利用してもよい。

 

お風呂に柚子を入れる効果

 

乾燥肌の防止、老化防止、肌を守るバリアを作る、疲労回復、血行の改善、ミネラルの吸収を促進

風邪の予防、冷え性、神経痛、腹痛などに効果があるとされている。

 

 普段は柚子湯に入っていないという人も、今年は入ってみてはいかがだろうか。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 東京と大阪では“浴槽の位置”が違う!
  2. 無料で本や雑誌が手に入るリサイクル図書
  3. 第7回☆世界の国と国旗(アルジェリア民主人民共和国編)
  4. 3000系快速急行の減少理由を別の方角から考えてみる
  5. 意外と知らなかった豆知識の紹介
  6. 漢字クイズ①-皆さんは、いくつ分かりますか?-
  7. 貧乏ゆすりは健康に良い影響を与える
  8. ピアノの色は「黒」が多いと思いませんか?

おすすめ記事

きのこファーム

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、障害者を雇用して就労の機会を提供すると…

はぁとねっと戸畑

精神障害者が社会の対等な構成員として人権を尊重され、自立した社会生活を営み能力を発揮し、自己実現出来…

就労支援センターふたば

障害者総合支援法の規定に基づき、就労の機会の提供や生産活動その他の活動の機会を提供し、知識や能力の向…

ぱすとらる

一般就労を目指す障がいのある方に対して、職業適性の把握、求職活動のサポート、職場定着といった総合的な…

相手を思いやるふりを演じるのはやめよう

 相手のことを思いやるという言葉をよく耳にします。ものすごくいい言葉なのですけど、意…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP