人生

苦しみを共有、解放するために

 

 自分の苦しみを共有、解放したいと思っている人は少なくない。そんなときは以下の手段がある。

 

同じ苦しみを持っている人の会に参加する

 世間で用いられるもっとも一般的な手段。痛みを分かち合うことで、自分の苦しみを理解してもらえる。

(例)事故で家族を失っていたとしよう。経験していない人に伝えても、共有することは難しいといわざるを得ない。人間は自分が体験したことしかわからない生き物だ。

 ネガティブな部分を増長させかねないリスクもあるため、性格によっては参加しない方がよい。

 

心を和らげてくれる人と一緒にいる

 やすらぎの心を持っている人と一緒にいることで、苦しみを軽減させることができる。見つけるのは非常に難しいため、発見できればラッキーくらいの気持ちでいよう。

 ①と共有しているとなおよいといえる。

 

なるべく思い出さないようにする

  上級者向けのテクニック。可能であるならば、やってみるとよい。

 

ネガティブな人との付き合いを絶つ

 マイナス思考の人と一緒になることで、過去の傷を大きくしてしまいかねない。プラス思考の人と一緒になろう。

 

趣味に没頭する

 何かに打ち込むことで、マイナスを取り除ける可能性がある。

 

 自分に合った方法を模索してみよう。一人でも苦しい思いをしている人が減りますように。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 私が好きな動物「セキセイインコとオカメインコ」②
  2. 人間は出会った瞬間が一番楽しい
  3. じゃがりこの種類
  4. パートナー、心を寄せられる人が一人ずついればいい(障碍者向け)
  5. 子育てについて2
  6. 心だけは若くありたい
  7. 流行りのタピオカドリンク店、オススメ三選
  8. 昔は存在していたもの

おすすめ記事

さくら 

ワークハウス牧 

生産活動の機会や就労の機会を提供し利用者の経済的な自立に向けてサポートする。…

障害者生活支援事業所アシスト

『住み慣れた町でその人らしく』障害のある方が、住み慣れた地域で自らが希望する日常生活や自立した社会生…

就労支援センターイマジン

利用者の社外復帰、社会参加に向け、利用者へ雇用契約等に基づく継続的な就労の機会を提供します。 個別支…

きづな苑 

利用者が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療、福祉、就労支援、…

新着記事

PAGE TOP