人生

誰もが辿るプロセス

 

 幼稚園、小学生、中学生のときは誰しもが成長を実感する。ほっといても身長が伸びるし、新しい知識を吸収していく。学力、体力、身体能力が年々上昇するのを実感する。

 分岐点となるのは二〇代。成人を迎えるあたりから、人間は徐々に衰えていく。

 二〇代の後半くらいもなると、身体の変化に気づき始める。一〇代全般、二〇代の前半と比較すると、明らかに故障しやすくなり、治るまでの時間もかかるようになった。三〇代を迎えると、一〇代、二〇代のツケを一気に支払わされたかのように身体から痛みを感じる。

 四〇代ともなると、衰えは顕著になる。学力(吸収力)、身体能力、体力が目に見えて劣化する。学生時代と同じように勉強しても、なかなか覚えられない。(忘れるのも早い)二〇代と同じ土台で勝負すれば、完膚なきに叩きのめされる。

 老いを象徴するかのように、肌に含まれている水分が減っていく。見た目だけでいいから若作りしたいという願いすら叶えさせてくれない。人間は外見だけで、どれくらいの年齢なのかがおおよそわかってしまう。

 高齢者ともなると、横断歩道を時間内に渡るのが難しくなるなど、生活面で支障をきたすようになる。車椅子で不自由な生活を余儀なくされる、認知症にかかる確率も上昇する。医療が発達しても、人間の老化を食い止めることはできない。

 最終的にはあの世へと旅立っていく。生あるものは必ず滅ぶという宿命から逃れられない。

 一〇代の頃は自分とは関係ないと思っていたけど、年齢を重ねるにつれて、誰しもが経験するということを思い知らされた。地球に誕生してから、死ぬまでのプロセスは何人たりとも変えられない。

 

文章:陰と陽

 

 

 

 

関連記事

  1. ワールド・キャット・デイ!
  2. 「ありがとう」の精神は大切だ
  3. 人間は悪に手を染めることでストレスを解消する
  4. リンゴの一個当たりの価格が、一部の桃を上回る異常事態
  5. 正月限定となっている3000系急行列車の全線運用
  6. パートナー、心を寄せられる人が一人ずついればいい(障碍者向け)
  7. 優しさとは?
  8. 役人は庶民を法律で縛る

おすすめ記事

ウェルビー大宮センター

障害福祉サービス事業所 レストランぶどうの木

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう当該利用者を雇用し、就労の機会を提供すると…

ショップともに

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

つくしんぼ

就労及び自立した生活に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の便宜を適切かつ効果的に行う。…

白山市社協 障害福祉相談支援事業所 

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、事業者が利用者に対して必要な障害者自立支…

新着記事

PAGE TOP