福祉・医療

結果主義は障碍者にとって生きにくい

 

 見えない部分でどんなに努力をしても報われない。そのように感じている人は多いのではなかろうか。

 人間の評価は原則として、目の前の出来事によって決まる。裏でどんなに努力をしても、その部分については評価されない。

 一番わかりやすいのは試験。テストの点数によって優劣を決められ、家庭における努力は一切加味されない。当人がどんなに地道に頑張ったと訴えても、教師は耳を貸してくれない。

 他のことがらについても、努力が加味されることはほとんどない。物事に取り組む姿勢ではなく、どれだけできるかによって評価がつけられる。

 結果主義は知的障碍者に大きく響く。彼らはどんなにもがいたとしても、平均点に達することはない。(一部は到達する者もいる)テスト、仕事で悪い結果を残すことにより、人格まで否定される。

 病気で衰えた人(種に高齢者)も対象となる。能力を失うことにより人間として低く扱われることになる。

 能力を重視される人は、弱者にとっては諸刃の剣。その一面から逃れることはないだろう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. ショートショート『二度自信を失う』
  2. マシンガントークの傾向がある人
  3. 6割程度の対人関係を目指そう【障碍者編】
  4. 車椅子の使い方
  5. 精神科のケースワーカーで感じた、利点と限界
  6. 障碍者の切なる願い
  7. B型作業所でeスポーツのプロでお金を稼ごうというものがあった
  8. 介護業界を目指す方が最初に取得する資格

おすすめ記事

就労支援ワークライズ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労機会を提供するとともに、生産活動その…

はみんぐばあど

I-WORK

利用者が自立した日常生活を営むよう、就労の機会を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓…

夢ファクトリーえん 

【基本理念】夢・楽・安 【運営方針】常に会員様の立場に立ち、あなたも、私も利用したくなるサービス提供…

第二熊本菊陽学園 

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難であっ…

新着記事

PAGE TOP