人生

一部の有力者によって多数の庶民が犠牲になる

 

 社会はほんの一部の影響力を持つ、権力者(有力者)の存在によって、無数の一般人が振り回されている。

 戦国時代では一人の国王の身を守るために、無数の血が流れていった。犠牲となるのは百戦錬磨の将軍ではなく、力の劣っている一般兵。彼らは使い捨て同然で、戦場に駆り出される。人間扱いをされてないことを、どのように思ったのだろうか。

  戦国時代の手柄は戦場で活躍した将軍が独占する。一将軍の名誉のためにどれだけの命が失われたかを考えると、素直に称賛する気持ちにはなれない。ヒーロー=悪に近い性質を持っているのかもしれない。

 トップに君臨する国王は立場が悪くなった場合、敵に降参することで自分の身を守ればよい。わずか一人のために失われた命の数は鑑みようともしない。

 近年に置き換えて考えてみる。社長が赤字の穴埋めのために、大量リストラを発表したとする。一社員は異議を唱えることはできたとしても、最終的に決定に従うしかない。最終的な人事の決定権を持つのはトップだ。

 会社が倒産することになれば、職を失うことになる。決定権のない立場ではどうしようもしがたい。

 スポーツの世界においてもあてはまる。一人の絶対的な選手が現れることによって、他の選手の芽は完全に摘み取られてしまうことになる。

 オリンピックで金メダルフィーバーが起こる。金メダリストや国民は喜べるけど、他の選手は手放しでは喜べない。人間は自分に幸福が舞いおりてこそ、幸せを実感できる生き物だ。

 プロ野球なら絶対的な存在によって、戦力外通告を受けて野球人生に幕を閉じる。有名選手がいなければ、現役を続けられた選手は少なくない。サッカー、バレーボール、バスケット等も例外ではない。

  賞においてもあてはまる。例年なら合格点に達しているのに、今年度はダメというのは起こりうる。地上で一番でない限り、常に他人に振り回されることになる。

 恋愛においても同じ。どれだけの年月を重ねたとしても、相手に相性の良い人が現れてしまえば一貫の終わり。これまでの労力は水の泡と化してしまう。

  大衆は権力者(有力者)に流されるしかない。悲しいかもしれないけど、社会はそういう側面から逃れられない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. わずかな人間の悪事で社会は窮屈になる
  2. 正論よりも生きたいように生きる
  3. 「ありがとう」の精神は大切だ
  4. 目に見える形で結果を出さないと評価されない
  5. 自分と真摯に向き合おう
  6. 前しか向かねえ
  7. 人生は不平等だが光も差し込んでいる
  8. 【夢の種類と意味】№4

おすすめ記事

邑智園

社会福祉法人わかば会が運営する障害者支援施設邑智園は、利用者の意向、適性、障害の特性その他の事情を踏…

のびる園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支…

ふくろうの会

利用者が自立した日常生活叉は社会生活を営むことが出来るよう一般就労に必要な知識・能力を効果的に支援す…

クローバー就労継続支援事業所

福祉ワークセンター阿新

障害者が地域住民の1人として、豊で安心して生活できる環境の創造…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP