時事問題

モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす

 

 モラハラ、パワハラなどが企業問題になりつつある。一部では裁判が起きるようになっており、最近では関西大学の織田氏が提訴を起こした。

 人間は心理を完全にくみ取ることはできないため、根本的に問題を解決する能力を備えていない。第三者の気持ちを理解できない人間が取れる有効な手段は一つ、問題を起こしそうな人間を組織から片っ端から排除していくことである。採用段階で弾くことでしか、会社の体裁を保つことはできない。

 会社でパワハラ、モラハラが騒がれるたびに、障碍者(一部は天才を含む)の就職は難しくなっていく。一般人が問題を全く起こさないわけではないけど、障碍者(グレーゾーン、変人も含める)の方が問題を起こす確率は圧倒的に高いように思われる。脳の偏りからか、社会にそぐった行動をとることが難しくなっている。

 障碍者枠の採用についても能力が低くても、素直(問題を起こさない)な人が好まれる傾向が強くなりそうだ。知的障碍者の採用が増え(重度だとダブルカウント)、優秀な能力を持っている発達障碍、アスペルガーを敬遠する。パワハラ、モラハラは企業の障碍者枠の採用基準に大きな変化をもたらす可能性を秘めている。

 社会がどのように推移していくのか見守っていきたい。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00000030-tospoweb-spo

©織田信成氏“モラハラ提訴”の勝算は?(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 精神安定剤って、効いているのかな?
  2. 障碍者の叫び
  3. 三環系抗うつ薬
  4. 障碍者は身の丈にあった仕事を探そう
  5. ハズレ夫をひいた女性たちの本音
  6. 結果主義は障碍者にとって生きにくい
  7. 自殺者数が減少傾向にある
  8. A型作業所の給料、B型作業所の工賃はどれくらいなのか?

おすすめ記事

特定非営利活動法人 日田フレンドワーク

利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場にたってサービスを提供するよう努める。  居宅に近い環…

コロナウイルスが世界に広がりつつある

 中国武漢で感染が発見された、コロナウイルスが世界に広がりつつある。日本、タイ、韓国…

就労支援事業所 ジョブサポートなは

ターコイズ

利用者各人の生活リズムに合わせた送迎を実施し、社会との繋がりを実感できるように始めの一歩目の事業所と…

よろこびの里

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP