時事問題

モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす

 

 モラハラ、パワハラなどが企業問題になりつつある。一部では裁判が起きるようになっており、最近では関西大学の織田氏が提訴を起こした。

 人間は心理を完全にくみ取ることはできないため、根本的に問題を解決する能力を備えていない。第三者の気持ちを理解できない人間が取れる有効な手段は一つ、問題を起こしそうな人間を組織から片っ端から排除していくことである。採用段階で弾くことでしか、会社の体裁を保つことはできない。

 会社でパワハラ、モラハラが騒がれるたびに、障碍者(一部は天才を含む)の就職は難しくなっていく。一般人が問題を全く起こさないわけではないけど、障碍者(グレーゾーン、変人も含める)の方が問題を起こす確率は圧倒的に高いように思われる。脳の偏りからか、社会にそぐった行動をとることが難しくなっている。

 障碍者枠の採用についても能力が低くても、素直(問題を起こさない)な人が好まれる傾向が強くなりそうだ。知的障碍者の採用が増え(重度だとダブルカウント)、優秀な能力を持っている発達障碍、アスペルガーを敬遠する。パワハラ、モラハラは企業の障碍者枠の採用基準に大きな変化をもたらす可能性を秘めている。

 社会がどのように推移していくのか見守っていきたい。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00000030-tospoweb-spo

©織田信成氏“モラハラ提訴”の勝算は?(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 発達障碍者に読んでほしいサイト
  2. 新型コロナウイルスで、何を思い?何をして過ごしていた?
  3. 薬の副作用は薬効成分以外にも原因がある
  4. 日本の雇用形態が変わりつつある
  5. メダルを拒否した心理を想像してみた(ラグビー)
  6. コロナウイルスが陽性だと言いふらす男性
  7. 発達障碍者向け恋愛サイトがある
  8. リンゴの一個当たりの価格が、一部の桃を上回る異常事態

おすすめ記事

ヴァルム

就労継続支援b型として、雇用契約に至らない福祉サービスを展開する。利用者が自立した日常生活または社会…

プロ野球で起こった20年ぶりの珍事

  プロ野球において20年ぶりの珍事があった。 デーゲームの一試合が、ナイター用…

就労サポートセンターさつき

 就労支援に特化した事業所として、就労継続支援A型事業、同B型事業及び就労移行支援事業を実施する。 …

窪 美澄 『やめるときも、すこやかなるときも』 集英社文庫

今回は、小説の紹介をしていきたいと思います。 『やめるときも、す…

テンダァハート錦織

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP