健康

ダイエット飲料、糖分0の飲料水はかえって危ない

 

 清涼飲料水はコップ一杯飲んだだけで、一日に摂取しても良い糖分を超えてしまう。砂糖の形をした液体といっていいほど、大量に含まれている。

 近年は糖分、カロリーを控えるために、ダイエット飲料、カロリーゼロ飲料が発売されるようになった。スーパーやコンビニでは、ノンカロリーコーラなどが店頭に並んでいる。

 こちらは身体にいいのかといわれると、そういうことはない。糖分やカロリーを減少させ、身体にもいい魔法の飲料水など存在しない。

 ダイエット飲料、カロリーゼロ飲料は糖分やカロリーなどをカットするために、人工甘味料を使用している。人工甘味料には、脳神経異常、発がん性などを伴う添加物が含まれているため、砂糖を大量摂取するより危険性が増す。

 飲料水を摂取するのであれば、添加物を大量に投入した清涼飲料水ではなく、糖分の多いタイプを選ぶようにしよう。どちらも健康リスクは大きいものの、後者の方がまだマシといえる。糖分控えめ、カロリーゼロといった、魔法のような言葉に騙されないように心がけたい。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 精神安定剤を服薬中に事故を起こすと罪が重くなる
  2. 狂犬病で年間55000人が死んでいる
  3. 「ウインターブルー」って知っていますか?
  4. テレワークで太る要因
  5. 血液検査で血が出ない
  6. 【お正月太りにも効果あり?】オススメ食事健康法!
  7. 毎日のように夢を見る人っていないだろうか
  8. 花粉症の人は必見!【オススメの食品】と【控えたい食品】

おすすめ記事

綴町就労支援センター

指定就労継続支援B型の適正な運営を確保するために必要な人員及び運営管理に関する事項を定め、指定就労継…

相談支援事業所なつどまり

障害者及び障害児並びにその保護者一人ひとりの人権と意思を尊重し、利用者が自立した日常生活又は社会生活…

大地

ISSAが設置する大地において実施する指定障害福祉サービスの適正な運営を確保するために必要な人員及び…

ジョブコラボ半田

1)利用者に対し、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から、必要な訓練及び職業の提供を適切に…

就労支援事業所ohana

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるように、就労を希望される方に対して就職の為のト…

新着記事

PAGE TOP