時事問題

重度障碍者が国政の場で働く

 

  参議院選挙において、れいわ新選組が2議席を獲得した。

 れいわ新撰組で議席を獲得したのは、重度の障碍を持つ候補者。二人は難病を抱えている。

 参議院では重度障碍や難病の候補者が当選したことを受け、バリアフリー化が整備されつつある。ハンデを抱えていたとしても、同じように働ける環境を整えることは大切だと思う。

 個人的には重度障碍者が、国政の場に出るとは思っていなかった。障碍者を国政に活躍させようとする発想は、常人では思いつかない。

 重度障碍者にきっちりと仕事できるのかという意見もあるけど、当然した議員には6年間の任期をきっちりと全うしてほしい。彼らが仕事をきっちりとこなすことで、障碍を抱えている人間に勇気を与えることになる。

 障碍者が国政に出ることによって、日本という国を変えていく。そんな存在になりうるかもしれない。代表が自らの議席を犠牲にしてまで、二人を当選させたことが吉と出るのを祈りたい。

 今回の結果を受け、障碍者の議員が増える可能性もある。一〇年後には議席の構図が変わっているかもしれない。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20191105-00000053-jnn-pol

©れいわ・木村議員が初の質疑「合理的配慮進めるため質問」(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 厚生年金の枠拡大による障碍者へのメリット、デメリット
  2. 健常者は障碍者にベターを目指せといいながら、やっていることは全く…
  3. 歯は虫歯にならなくてもしみる
  4. 藤井聡太5冠がA級に昇級
  5. 障碍者支援とは障碍者を論評するだけの場になってしまっている
  6. 今年はオープンできないスキー場が増えそうだ
  7. 免許返納にこぎつける難しさが事故を招く
  8. 厚生労働省のデータから見る就労移行支援事業
PAGE TOP