健康

食物アレルギーの種類は多い

 

 食物アレルギーの増加に伴って、食べ物には表示が義務付けられている。

 アレルギーの原因となる食物は卵、小麦、えび、かに、そば、落花生、乳がある。この7種類特定原材料に分類され、表示が義務付けられている。

 あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ゴマ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチンの20種類は特定原材量に準ずるものと定義される。こちらについては表示を推奨されている。

 表示した方がよいとされる食品は、発症数や重篤度などを勘案して決められており、今後変わる可能性がある。

 表示が推奨されていない食べ物も多い、米、大麦、粟(あわ)、稗(ひえ)、黍(キビ)、トウモロコシ、インゲン、エンドウ、アーモンド、ココナッツ、栗、イチゴ、メロン、マンゴー、アボガド、セイヨウナシ、トマト、セロリ、パセリ、タマネギ、スイカ、ニンジン、ジャガイモ、サツマイモ、カボチャ、ホウレンソウ、タケノコ、ニンニク、カラシ、ワサビ、カカオ、アサリ、カキ、ホタテ、イカ、タコ、サバ、アジ、イワシ、タラ、サケ、マグロ、イクラ、タラコなども食物アレルギーの原因となる。

 食物アレルギーを持っている、人間からすれば死活問題となる。アレルギーとなりうる食品は全部掲載するようにしてほしいところ。命を失ってから対応しても遅い。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 郵便ポストの色が赤いのはなぜ?
  2. 狂犬病で年間55000人が死んでいる
  3. 第5回☆世界の国と国旗(アメリカ編)
  4. ラグビー日本代表のユニフォーム 本当は「単色」にしたかった!
  5. コロナウイルスが陽性だと言いふらす男性
  6. 世界の国と国旗☆第13回目 アンドラ公国
  7. 毎日のように夢を見る人っていないだろうか
  8. 世界の国と国旗☆第10回目 アルメニア共和国

おすすめ記事

ばんがい市場

利用者が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、利用者の意…

プレステージ下中町ひまわり

障がい者スキルアップスクール

障がい者が、住み慣れた場所、人の心通じた生活しやすい地域で、就労しながら生活したいと思われる気持ちを…

札幌市こぶし館

【指定管理者:(福)朔風】 関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つ個別ニーズに対応す…

特定非営利活動法人来夢の里

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP