コラム

ショートショート『働きたくない男の考え方』

 

 直樹は心の声を小さく呟いてみた。

「日本全国の人間が一円ずつ寄付してくれれば、一億二千万円になるのに。どうしてそうならないのかな」 

  実現可能ではあるものの、現実はそのようにならない。働いている会社、親族を除くと、お金を渡してくれる人間はいない。

 楽をしようと考えていると、母から横槍を入れられた。

「そんなことをいっていないで、とっとと仕事に行ってきなさい。早くしないと遅刻するよ」

 直樹は覇気のない返事をする。仕事に対するモチベーションは、地を這うような低さだった。

「わかったよ。仕事に行ってくるよ」

 たった一万円を得るために、八時間以上の束縛を受ける。会社の利益を生み出すために、安い労働力としてこき使われるのはもうこりごりだ。

 一攫千金を狙って、年末ジャンボ宝くじを買ってみようかな。一等を当てることができれば、一生お金に困らなくてすむ。今年度は奮発して百枚くらい購入してみよう。十万円しか当たらなくても、半月くらいは遊んで暮らせる。

 ギャンブルをやるのもいいかな。数百円だけ馬券を購入し、倍率の高い馬にかけてみる。予想が的中すれば、大金をゲットできる。

 路頭で募金活動をしてみるのも面白い。一日やれば一万円に届くかもしれない。夏は酷暑、冬は冷たい風に晒されるものの、会社で嫌味を言われ続けるよりはずっといい。

 帰宅したら、楽をしてお金を稼げる方法をインターネットで検索してみようかな。死ぬまで、他人にこき使われる人生は絶対に嫌。労働にいそしむことなく、生きる道を絶対に諦めない。

 

筆者あとがき:「労力を他に使えよ」。そう思わずにはいられない作品を目指しました。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 戦後の精神保健医療福祉の年表(主に統合失調症が対象)を作成した雑…
  2. 広井良則『持続可能な医療─超高齢化時代の科学・公共性・死生観』(…
  3. 小説:『友達のいない男は、クラスメイトの男性恐怖症克服に協力させ…
  4. 映画『ファントム』のご紹介
  5. 『一生折れない 自信のつくり方』文庫版 青木仁志【著】アチーブメ…
  6. 小説:『自分の道(5)』
  7. 小説:『彼女との約束(6)』
  8. ペシミスティックな時もある

おすすめ記事

いずみのさと

今治市障害者地域活動支援センター ときめき

・公共の施設として障害種別に関係なく、すべての利用者に対して公正にサービスを提供することを基本方針と…

わかば共同作業所 

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の場を提供するととも…

相談支援センター「SUN」 

利用者の心身の状況、その置かれている環境等に応じて、利用者の選択に基づき、適切な障害福祉サービス等が…

自立生活支援センターポカポカティ

障がい者基幹相談支援センターを障がい者の権利擁護エンパワメント支援として捉え、誰もが安心して地域で暮…

新着記事

PAGE TOP