福祉・医療

支援者と利用者【障碍編】

 

 全国には多くの障碍者支援機関がある。当事者はその中から一つまたは二つを選んで登録し、支援者からサポートを受ける。

 後天性の障碍者で、一般に限りなく近いのであれば登録してもいいと思う。ただ、障害の程度(個性)が強ければ強いほど、マイナスの方向に進む確率は上昇する。真の意味で解決を図れないなら、登録しない方がよいと思われる。

 野球で例えるとすれば障碍者は投手、支援者は捕手の役割を担う。どんなに良いリードをしたとしても、投手が応えられなければどうしようもない。

 キャッチャーが高速シュートを要求したとしよう。ピッチャーがその球種を投げられなければ、サインは意味をなさない。キャッチャーはピッチャーの特徴を掴むことが求められる。

 障碍者支援では支援者はキャッチャーになれない。ピッチャーは訳のわからないサインに振りまわれている。

 投手と捕手には信頼関係が必要となる。構築できなければ、前に進むことはできない。

 障碍者支援の体制は今後、強化されていくだろう。ただ、当事者に真の解決の道を示せるかは未知数だ。 

 当事者が一人で生きられる力をつけるのが、一番の解決法のような気がしてならない。支援機関はいらないといえるような社会作りに力を入れていきたい。

 

文章:陰と陽 

関連記事

  1. 障碍者の一部は職場に居場所を確保するので一杯一杯
  2. 非公開求人(障碍者枠)について
  3. 厚生年金の加入拡大
  4. 障碍者にとって一般枠、障害者枠のどちらであっても厳しい
  5. e-ラーニングで障碍者向けのプログラムを学べる
  6. 障碍者施設ではどのようなことを行っているのか
  7. 医療関係者は国家試験に合格する前提で採用されている
  8. 健常者と障碍者はlose-loseの関係になりやすい

おすすめ記事

すいせん共同作業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

障害福祉サービス事業所こむぎ

利用者のみなさんの居場所であり、生き生きと働く場所でありうるように職員全員にて支援していきます。…

就労支援事業所あおぞら

適切な環境と管理のもとに、利用者の方の能力と特性に応じた支援を行い、福祉的就労の場、日中活動の場とし…

大阪ろう就労支援センター

Fromjob東住吉

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP