福祉・医療

目的とは反対に進んでいる【障碍者編】

 

 就労移行やA型作業所の本来の目的は、一般就労を目指すことにある。

 現実はそうはなっていないような気がする。就労移行などを利用することで、就職から遠のいてしまっている。そのような利用者は少なくないのではなかろうか。

 就労支援事業では利用者がいなければ、経営が成り立たない。それゆえ、居心地を重要視する傾向にある。よっぽど道から踏み外さない限り、注意すら行わない。

 利用者は何をしても許されると思い込み、態度がどんどん大きくなっていく。そうなってしまうと、一般就労は水の泡と消えてしまう。障碍者が会社に居づらいのは能力的な部分より、自己中心的な振る舞いによるところが大きい。会社のトップ、よほどの天才(自分しかできない仕事を持っている)でない限り、チームワークを乱す人は不要だ。

 きっちりとノルマを課さないのもマイナス要素。一般会社では時間内にきっちりと仕事をこなすことが求められる。その習慣を身に着けていないため、一般会社のやり方についていけなくなる。

 理想と現実のギャップの中で動いている福祉事業。就職を目指せる環境は作られていくのだろうか。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 自分の生き方を貫けるのは才能のある障碍者だけ
  2. 発達障碍支援で行われるのは人間否定、業務放棄
  3. 障碍者として生まれたために失ったもの
  4. 同じ薬を複数の病院から処方されることで新しい発見がある
  5. 採用面接官が障碍者を不採用にする理由
  6. 誤魔化しながら継続していく障碍者支援
  7. ショートショート『高齢者施設に変化』
  8. 障碍者は口だけにならないように

おすすめ記事

あゆら作業所

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適切且つきめの細やかな就労継続支援のサービスを提供しま…

ワークショップ・アクティブ

事業所は利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生…

くくるワークス

相談支援センターこすもす

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者との常時の連絡体制を確保し、利用者…

にちなんつなで

地域に必要とさせる事業所となる…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP