福祉・医療

障碍者支援で思うこと

 

  障碍者支援を行っているのは一般人と呼ばれる人たち。当事者が悩みを相談しても、ちっとも噛み合わない。

 一年目の新人であっても、一五年目のベテランのどちらであっても目で見える差はほとんどない。ベテランは無駄に時間を積み重ねた、としか思えないくらいに分かっていない。(もちろん、より良き支援者として資質の備わった人物もいることは言うまでもないことです)

 苦しみを分かってもらえないたびに、胸の内に芽生えてしまう。どうして一般人に支援を求めているのだろうか。

 一般人にいじめられていると、疑ってしまう傾向はより強くなる。小学校、中学校時代にいじめられ、その延長線上として支援者に人生を狂わされる。生涯、一般人の魔の手から脱出することはできない。

 当事者が支援事業に取り組めば、苦しみの部分については共有可能となる。ただ、別の問題が発生することになる。

 当事者は基本的にキャッチボールにおいてボールを投げているだけで、グローブで受け取ることを行わない。ボールをぶつけあうだけの関係は、最終的に大怪我を招いてしまう。

 障碍者支援はどちらを取ったとしても噛み合わない。真の光が差し込むことはあるのだろうか。

 ありえないとはわかっていても、どっちも取れればと願ってやまない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. ハローワークにサポーター(障碍者向け)が配置された
  2. どの時代も、いじめはなくならない
  3. 障碍者の法定雇用率は引き上げられるかもしれない
  4. A型作業所、B型作業所から一般就労する確率はかなり低い
  5. 薬の副作用が副作用でなくなり、主作用になることがある
  6. 障碍を持っていると正しいはずの答えが間違いとなることも少なくない…
  7. 障碍者支援員は考えるのを苦手とする
  8. 障碍者支援は「営業事務職」の側面が強い
PAGE TOP