コラム

才能は天性だったとしても、努力を怠ってはならない

 

 才能は天性のもので、努力を積み重ねでは手に入らない。

 筆者は究極の運動音痴だった。走力などを含めた全般で、一般人より劣っていた。

 どんなに時間をかけたとしても追いつくことはなかった。身体が成長するたびに、目に見える形で差が開いていった。

 立体理解、指先なども極端に劣っていた。こちらについても、歳を重ねるに連れて、どんどん穴を開けられていった。

 担任からはやっていないようにみなされたのか、三者面談の時に指摘を受けていた。人間は努力をしても、結果を残せなければ評価されない。

 暗算などの短期処理は非常に優れていた。一般人が多大な努力を積み重ねたとしても、追いつくことはほぼ不可能だ。

 稀ではあるものの、感性についても褒められることがある。こちらも努力では手に入らない代物だ。

 努力で眼が開くとすれば、よほど潜在能力があるときだけ。人間は生まれつき、所持している能力に大きく左右される。(病気などで衰えた場合は別)

 個人の体験からして、人間は才能90パーセント、努力10パーセントくらいかなと思っている。一般人は超人的な才能を持っている人を追い抜くことはできない。

 努力が10パーセントだからといって、怠けていいわけではない。ライバルが同じレベルであったなら、努力が100パーセント近くを占める。遊び続けていたら、競争からすぐに弾き飛ばされてしまう。

 才能90、努力10はあくまで広い世界を見た時の数値であって、身近な社会では適用されないということを留意してほしい。小さな積み重ねが社会での成功のカギとなる。

 

 

参考図書

・橘玲『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)

©言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書) | 橘 玲 |本 | 通販 | Amazon

 

・橘玲『もっと言ってはいけない』(新潮新書)

©もっと言ってはいけない (新潮新書) | 橘 玲 |本 | 通販 | Amazon

 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 下』
  2. ショートショート『自業自得が招いた不幸の連続』
  3. ペシミスティックな時もある
  4. ショートショート『近未来の高齢者の行く先』
  5. 榊原哲也『医療ケアを問いなおす-患者をトータルに見ることの現象学…
  6. ショートショート『庶民が大金を入手した末路』
  7. ケネス・J. アロー『組織の限界』ちくま学芸文庫
  8. 優しさとは?

おすすめ記事

なないろ江津駅前

共に学び、共に楽しみ、共に地域社会に貢献するをモットーに、地域の中で自立した生活を送れるように、また…

サポートセンターけやき

利用者がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の心…

就労継続支援事業所 アムス

1 事業所は、障がい者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする…

他人から距離を置かれやすい人の傾向

『距離を置かれやすい人の傾向』①他人の気持ちがわからない あ…

株式会社 タスカル

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者自立支援法に規定する障害…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP