福祉・医療

6割程度の対人関係を目指そう【障碍者編】

 

  対人関係に限らず、ものごとは60パーセント程度がよいといわれている。あまりやりすぎると、良くないという例えだ。

 一般人はその部分を心得ているため、うまくとりつくろうとする。軋轢を生まないためのテクニックを実践している。

 障碍者はその部分に適応できないから生きにくくなる。当事者の話は常に100パーセントに近い。心の中でしまってあることを、そのままそっくりいってしまっていては良好な関係を築くのは難しい。ときにはオブラートに包むスキルも要求される。

 仕事を長続きさせるために、言葉を濁すスキルを身に着けておきたいところ。同じ意味であったとしても、言い方を変えることで緩和される。一度目をつけられてしまったら、長く居続けるのは難しくなる職場では特に気をつけたい。60パーセントが難しいのであれば、口にチャックをするのも有効な手段となる。

 職場だけでなく、友達付き合いも同じだ。100パーセントで接してうまくいく確率はかなり低い。距離を上手く取りながら、仲良くしていきたいところ。

 何事も60パーセントくらいがよい。そのことを頭に置きながら、行動してみてはいかがだろうか。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者施設は、能力の低い利用者を優遇するシステムを採用
  2. 障碍者手帳更新及び自立支援手続き費用の一部補助を行う地域がある
  3. 障碍者枠に対する企業の考え方
  4. 就労移行を利用してから、どれくらいで就職できるのかを表示している…
  5. 障碍者枠は週に30時間以上働くことが求められる.
  6. B型作業所の工賃の差はあり、なし?
  7. 障碍者のバスの恩恵範囲が広がった
  8. A型作業所は手帳を取得していなくとも利用できる
PAGE TOP