時事問題

過労死を防ぐために

 

 半年間で休みを4日間しか与えられず過労死したとして、元従業員の遺族が弁当会社を提訴した。

 死亡した社員は当時50歳。91日連続勤務などによって、心身梗塞を発症したようだ。

 会社は過労死を防ぐための、休暇を与えることはできなかったのだろうか。健康な身体であったとしても、91日も連続で働かせれば異変が起こるのは火を見るよりも明らか。社員を人間としてではなく、ロボットとして扱っていたとしか思えない対応には呆れるばかりだ。どんなに忙しくとも、週に一回以上は休みを与えるべきだ。

 社員不足の会社においては、人員不足のためにこういうことが頻繁に起こりうる。過労死とまではいかなくとも、人生を棒に振ってしまうケースが後を絶たない。

 従業員の健康を守る、会社にはそれを徹底してほしい。

 従業員を守れない企業に未来はない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. ナイキの厚底シューズ(ヴェイバーフライ)が使用禁止になりそうだ
  2. バレンタインデーはどのようにして根付いていったのか
  3. 海外の一部ではマスクを着用しないと罰金を取られる
  4. ベンゼマのハットトリックで大逆転勝利!!
  5. 【海外ニュースウォッチ】木造高層ビルという新たなトレンド【第十一…
  6. 兵庫県尼崎市の小学校でコロナウイルス陽性の教員が出勤
  7. 暖冬が日常生活に与える影響(主は水不足)
  8. コロナワクチンを接種した人を対象に値引きする制度を一部で導入

おすすめ記事

西れんげ草

利用者の皆様が自立した日常生活・社会生活を営むことができるよう、生産活動や就労の機会を提供し、能力の…

福祉作業所 すみれの家

指定就労継続支援B型の実施に当たって、事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができ…

プラスクレア

「共に歩き、共に創る」を経営理念に、社会参加と自立を共に歩いて モノつくりを通した支援を方針としてお…

貴峯荘第2ワークピア

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者を雇用し就労の機会を提供するととも…

吹田授産場

 事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに…

新着記事

PAGE TOP