時事問題

電車の居眠り運転について考える

 

 JR東日本で社員の居眠り運転が発覚した。

 運転手の居眠りしていた時間は一五秒ほど。時間の長さにかかわらず、多数の命を乗せている電車において居眠り運転は許されない。今回はことなきを得たものの、乗客の命が失われていてもおかしくなかった。

 仕事中に睡魔に襲われることは誰にもある。根気で振り払って、仕事をしている。運転手も睡魔に打ち勝つことはできなかったのか。そこのところが大いに気になる。

 居眠り運転を自分から報告しなかったのも大きな問題。他人の命を預かっているという自覚が欠けているといわざるを得ない。乗客としては身の安全を軽視するような、運転手に命を預けることはできない。

 電車は日常生活と切り離せない重要な位置づけにあたる。運転手には他人の命を預かっているという意識を持ちながら、仕事に取り組んでほしい。一度、失われてしまった命は二度と戻らない。事故で誰かが悲しむ姿は見たくない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. マスク着用せず咳で電車ストップ
  2. 京阪電車のダイヤ改正の内容が一部発表
  3. 台風被害の主題が、ローカル空港?ハブ空港?
  4. 三菱USJがデジタル口座を導入しようとしている
  5. 「新型コロナウイルス感染症(COVID19)」という問題について…
  6. 社会的弱者をコロナウイルスの脅威から守ろう
  7. 笑点の林家三平さんが卒業
  8. 冬にもかかわらず春のような陽気

おすすめ記事

瀬戸内工房

就労に必要な知識、能力向上に必要な訓練、社会人としてのルールの指導を行う。 就職活動希望者に対しての…

障がい福祉サービス事業所おおほり苑

おおほり苑は、関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめの細かな就労継続支援(B型)…

あーす

夢の杜 

ピース

利用者の社会経済活動への参加を促進するために、知識及び能力の向上に努める。 また、地域や家族との結び…

新着記事

PAGE TOP