サスペンス・ホラー

創作『天上からの密かな企み』

 

神様1「地球を荒らしまわっている人間に天罰を下そう」

神様2「どのようにいたしましょうか」

神様3「地球から空気をなくしてしまえばいいんじゃ。やつらは空気がなくなったらおしまいだ」

神様4「さすがにそれはやりすぎじゃないかな。植物や動物まで息絶えてしまう」

神様1「うん。人間はまだしも、植物、動物は生かしておこう」

神様2「よし、わかった。人間だけを全滅させるか」

神様3「そうだな。一日後に人間だけを地上から消そう」

神様4「異議なし」

 

 神様は翌日に人間を全滅させるための呪文を唱えた。24時間後に人間は地上から姿を消す。

 

 4人の神様によって翌日に消されることとなった人間は、普段と何ら変わりない生活を送っていた。大人は会社に出社、子供は学校に登校する。明日、消されるとわかっているならば、このようなことはしなかっただろう。

 夜がやってきた。明日、消えてしまうとは思えない余裕があった。地上にいる誰もが、明日には消えているなんて夢にも思っていない。

 神様が指定した時刻まであと一〇分と迫った。地上で異変に気付く者は誰一人いなかった。

 一〇分経過。神様1が人間を地上から消す呪文を唱えた。地球に住居を構えていた人間は、すべて消えてしまった。まるで人間が地上には存在していなかったかのようだった。

 人間が消えたことで、地球は平和を取り戻すこととなった。人間を消した神様はそのことを素直に喜んでいた。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 怖い話『上に行くよ』
  2. 怖い話『いつから?』
  3. 怖い話『石を投げたら』
  4. 怖い話『仮眠室での出来事』
  5. 怖い話『とめたらアカン』
  6. 怖い話『なきごえ』
  7. 怖い話『誰の頭?』
  8. 怖い話『笑う警察官』
PAGE TOP