レジャー

変則将棋を楽しんでみよう

 

 変則将棋として王手将棋が挙げられる。

 基本的な将棋では王を詰ませば勝利となるのに対し、王手将棋では王手をかけた時点で勝ちとなる。先手が七六歩と指し、次の三三角成が王手となれば勝負が決する。後手は二手目に王手にならないような状況を作る必要がある。

 王手将棋は王手をかけるだけで終わってしまう。それゆえ、回ってくる手番がかなり少ない。一手一手を正確に指す高度なスキルが求められる。単純だからこそ、難しい一面を持ち合わせている。

 歩であったとしても相手に渡してしまうと、命取りになりかねない。王手の先に歩を打てば(二歩は禁じ手)それでゲームセットとなる。飛車、金、銀といった王手のかけやすい駒を取られたら、その時点で負けとなってしまう。

 通常の将棋では見られないような手が指されることも少なくない。王手の真横に角をタダで打つのは、王手将棋ならでは。駒損よりもいかに王手をかけられる、状況を作るかに重点が置かれる。

 スリルを楽しみたい、普段とは異なる将棋を指してみたいのであれば、王手将棋を指してみてはいかがだろうか。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 新庄剛志さんがトライアウトを受験
  2. 【サッカー】日本代表、パラグアイ代表に4-1の快勝!
  3. きつねダンスが熱い
  4. 大相撲の十両、幕下の入れ替え予想を書いていきます。(2022年1…
  5. 女性初のプロ棋士は誕生するのか
  6. 里見女流四冠が棋王戦の本戦トーナメントに進出
  7. 第101回全国高校野球選手権大会(決勝の見どころを分析した)
  8. 【欧州CL】決勝のカードが決まる
PAGE TOP