コラム

炊事がルーティン化した母親の胸中

 

 人間はどうしてご飯を食べなくてはならないのだろうか。

 

 食べなくても生きられる身体であればいいのに。

 

 毎日のように、ご飯を作らなければならない立場になってほしい。簡単そうに見えて重労働だ。

 

 今日はご飯を作るのをやめようかな。一日くらい食べなくても、人間は生きていける。

 

 旦那、息子、娘はきっと許してくれないだろうな。おかあさん、どうしてご飯を作らなかったのと責め立てるだろう。

 

 母親を非難するなら、毎日のようにご飯を作ってみてよ。おかあさんの大変さがちょっとはわかると思うよ。

 

 母がご飯を作るルールはどこにも明文化されていない。おとうさん、息子、娘が作っても問題ない。

 

 夜ごはんのメニューを考えながら、うつりゆく空をみつめていた。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 『自分らしさ』を求める風潮の中、『みんな同じ』を強制してくる社会…
  2. 生活保護は減額されていくのか
  3. 犬の隠された本音
  4. 小説:『自分の道(2)』
  5. 失業保険の加入用件変更
  6. 本来の『蛙化現象』とは?
  7. 2024年1月場所の十両番付予想
  8. 時間がスカイフィッシュのようだ
PAGE TOP