コラム

炊事がルーティン化した母親の胸中

 

 人間はどうしてご飯を食べなくてはならないのだろうか。

 

 食べなくても生きられる身体であればいいのに。

 

 毎日のように、ご飯を作らなければならない立場になってほしい。簡単そうに見えて重労働だ。

 

 今日はご飯を作るのをやめようかな。一日くらい食べなくても、人間は生きていける。

 

 旦那、息子、娘はきっと許してくれないだろうな。おかあさん、どうしてご飯を作らなかったのと責め立てるだろう。

 

 母親を非難するなら、毎日のようにご飯を作ってみてよ。おかあさんの大変さがちょっとはわかると思うよ。

 

 母がご飯を作るルールはどこにも明文化されていない。おとうさん、息子、娘が作っても問題ない。

 

 夜ごはんのメニューを考えながら、うつりゆく空をみつめていた。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 浜矩子,城繁幸,野口悠紀雄,ほか『日本人の給料 – …
  2. ショートショート『インフルエンザ菌のイタズラ』
  3. ショートショート『ある野球女子の栄光と挫折』
  4. 常見陽平『僕たちはガンダムのジムである』日経ビジネス人文庫
  5. 物語の一巻目を簡単に解説! 第六回【八十亀ちゃんかんさつにっき】…
  6. 築山 節【著】『脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める…
  7. 生涯一度は読んでおきたいダイアー博士の世界的名著「自分のための人…
  8. ショートショート『障碍者の闇』

おすすめ記事

多機能型事業所 ラ・ルーチェ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

就労継続支援B型事業所のぐさ 

インクルージョン むらさき

地域に根付いた事業を展開していき、障害をもった人が自立し地域の中で幸せに暮らせる社会の実現に貢献を目…

セルフ社

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

障害者相談支援センター四万十

新着記事

PAGE TOP