時事問題

激甚災害とは?

 

8月28日、九州北部(佐賀県・福岡県・長崎県)に大雨特別警報が発表された。

これを「令和元年8月九州北部豪雨」という。

 

最多雨量は長崎県平戸市平戸で24時間あたり434.0ミリで最多時間雨量は

佐賀県佐賀市佐賀で1時間あたり110.0ミリでした。

 

被害状況から政府は4日、大雨被害について激甚災害に指定する方針を固めたようです。

 

激甚災害とは、「国民生活に著しい影響を及ぼし、被災地域への財政援助や助成が特に必要となる大きな災害」の事を言います。

 

指定された主な災害に、①94年の三陸はるか沖地震、②95年の阪神・淡路大震災、③98年の台風5~9号による暴風雨災害、④2004年の新潟県中越地震、⑤07年の台風5号による暴風災害、⑥11年の東日本大震災などがあります。

これらの災害を見ていると、今回(令和元年8月)の九州北部豪雨の被害の大きさが分かると思います。

 

今回の九州北部豪雨のことをテレビで視聴した時、佐賀県大町町で洪水によって工場から流出の油混じりの泥水が1階に流入しました。その際「順天堂病院」が一時孤立状態になっているのを見て、本当に自然災害の脅威を改めて感じました。

 

日頃から非常袋のチェック、避難所の確認などをしておく必要がありますね。

 

https://kotobank.jp/word/%E6%BF%80%E7%94%9A%E7%81%BD%E5%AE%B3-191341

©激甚災害(げきじんさいがい)とは – コトバンク

 

文章:桐谷 凛花(きりたに りんか)

関連記事

  1. 今年は旅行、ライブ、スポーツ観戦などが難しいかも
  2. コロナウイルスの報道は偏っている
  3. ハンカチ王子はなぜ現役を続けられるのか
  4. コロナに罹らないではなく、発症してもウイルスを撃破する身体づくり…
  5. 少ないマスクを購入するために開店前から並ぶ
  6. 幼児遺棄事件
  7. 外出自粛の中におけるストレス解消法
  8. 女性から男性に対するセクハラは報道されにくい

おすすめ記事

べテル就労サポートセンター ベテスダ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう就労の機会を提供するとともに、通所により生…

就労継続支援B型事業所 サンライズ・ヨピト

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが…

働希舎かもみ〜る

障害を持った人たちが様々な就労作業をとおして生きがいを見出し、地域の中で地域住民とともに暮らせるよう…

幸の夢

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことが出来る様、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

どりーむ

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP