詩・ポエム

『願い』

 

どんなに願っても 

どんなに望んでも 

過去は消えない。 

 

過去のことを気にするあなたに、 

答えるのは苦しいよ、辛いよ。 

聞いてるあなたの顔を見ることが出来ない。

 

文章:那央

関連記事

  1. 『傷が深かった』
  2. 詩:『回転する球体』
  3. 『文字にしよう』―文字を書けば書くほど自分の気持ちがわかる―
  4. 『暗黙のルール』
  5. 『君の力になりたい』―いつも笑顔でいてくれてありがとう―
  6. 『何かを見つけたい』―見つけた瞬間何を思う―
  7. 『ご褒美を…』―頑張った自分にご褒美をしてあげよう―
  8. 『自粛』―今は、我慢の時。一人一人が危機感を持った行動をしよう―…
PAGE TOP