時事問題

テニスの全米オープンで途中棄権したジョコビッチ選手を擁護する

 

9月1日に男子シングルス4回戦が行われました。2連覇と4度目の優勝を狙っていたノバク・ジョコビッチ選手が左肩の負傷により途中棄権されました。

 

ジョコビッチ選手の棄権に対して観客はブーイング。正直ブーイングはどうなのかなと私は思います。

 

ジョコビッチ選手は歴代3位のグランドスラム優勝16回。試合を途中棄権したという話もあまり聞いた事がありません。しかし今回の試合で途中棄権したという事はかなり左肩の状態が良くないのかなと考えます。

 

恐らく痛みを堪えながら試合をしていましたが限界がきてしまったんだなと思います。

本当ならここまで戦ったジョコビッチ選手を称えるのが普通なのではないでしょうか?

 

なのに何故観客はブーイングしか出来ないのでしょう?もしこのまま無理をしてでも

試合を続行していたら、ジョコビッチ選手の左肩の状態はもっと悪くなってたでしょう。ブーイングをした観客の方々はそれでも良いと思っていたのでしょうか。

 

海外ファンからも「恥ずかしいファン」「敬意に欠ける!」「史上最悪の観客だ」という声も上がっているそうです。私も本当にそう思うし、そう言われても仕方ないと思います。

 

ジョコビッチ選手の左肩の状態が一日でも早く良くなる事を祈るべきではないでしょうか?

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190902-00081168-theanswer-spo

©負傷棄権のジョコにブーイング 敬意欠いた観客に海外波紋「史上最悪のファンだ」(THE ANSWER) – Yahoo!ニュース 9/2(月) 17:03

 

文章:桐谷 凛花(きりたに りんか)

関連記事

  1. 冬至や夏至は固定されているわけではない。
  2. 虐待と騒ぎすぎると子育てをしたいと思う家庭は減少する
  3. 特定給付金詐欺に気をつけよう
  4. 路線バスの低迷で地方の足が消えていく
  5. JR西日本が減便を実施
  6. 麻薬の再犯で歌手が逮捕された
  7. 退職の決め手は社内の空気
  8. タクシーの運転手が女性客に怪我をさせたとして逮捕された

おすすめ記事

工房くまごろう

利用者が住み慣れた地域で安心して自己実現できるように、それぞれの適性に応じ、日中活動において就労の機…

つながりの家 

一人ひとりの人権と個性を尊重し、生き生きと活動ができるように仕事や外で働く場を創り出していくとともに…

みらい学園

生徒が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来る様、就労の機会を提供すると共に生産活動その他の活…

株式会社 ありがとう 

障害者に就労の場を提供し一般就労を目指します。…

社会から「いじめ」をなくすために

  社会という場においても、いじめがいたるところで起きている。 パワハラ問題を起…

新着記事

PAGE TOP