時事問題

倉庫暮らしを強いられる

 

  40代の人が一畳半の倉庫で生活を強いられている。そんなショッキングなニュースを耳にした。

 海外の出来事ではなく、国内で広がりつつある現実。年収一〇〇万円代ゆえに、きっちりとした住居を確保できず、寝床すらままならない環境での生活を強いられている。

 彼らは就職活動に必死に取り組んだと思う。ただ、氷河期世代ゆえに正社員として採用されなかった。新卒採用の根強い日本では、一度道を踏み外すと戻ってくるのは難しい。

 ごくごく一部の成功したエリートを除いて、人生は時の流れに大きく左右されてしまう。98~99パーセントは自力でどうすることもできず、流されるままに生きる宿命を背負っている。地上に誕生してから、天国に旅立つまで半永久的に我慢を強いられることとなる。

 大きな建物に住居を構える者がいる一方で、その日暮らしすらままならない。貧富の差は一般人を徐々に呑み込みつつあるのかもしれない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 香川県がゲーム時間を制限する条例の制定を目指している
  2. 虐待と騒ぎすぎると子育てをしたいと思う家庭は減少する
  3. 台風被害の主題が、ローカル空港?ハブ空港?
  4. 過労死を防ぐために
  5. 社会的弱者をコロナウイルスの脅威から守ろう
  6. 阪神の佐藤選手について
  7. 阪神淡路大震災から25年が経過した
  8. 冬にもかかわらず春のような陽気

おすすめ記事

すずかけ

利用者が個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営む事ができるよう支援する。…

なかよし館

就労支援センターきらく

障害者就労継続支援B型事業所 こころみ

やまびこ園

地域社会の福祉の向上の担い手として、次のことを理念として掲げます。 1 基本的人権を尊重した支援をし…

新着記事

PAGE TOP