生活

しつこい男は嫌われる

 

「あなたのことが好き」 

「気持ちが伝わってこない」

「好き、好き、大好き」

「もっといって」

 女はしつこいリクエストに、内心で面倒だなと思うようになった。

「好き、好きだよ」

「感情がこもってない」

 女の堪忍袋の緒が切れてしまった。男はそのことに気づかず、とどめを刺してしまった。

「どうしたの」

 女性の怒りはポイント制といわれる。沸点を超えてしまったら、怒りを鎮めるのは難しい。

 女性は好き嫌いが激しく、中間点はあまりないといわれている。嫌いになると顔を合わせるのすら耐えられない。 

「あんたなんて大っ嫌い。嫌い、嫌い、顔も見たくないほど大っ嫌い」

「そんなこといわないで」

 男はしがみつこうとするも、女は手を振り払った。

「ウザイ、キモイ、キタナイ。二度と私にかかわらないようにしてね」

 女は別れを告げると、男の前に二度と姿を現すことはなかった。

 男は愛情を求めすぎたために、最愛の女性を失うこととなってしまった。女はその日のうちに、アドレス、電話番号を変更し、連絡手段を完全に絶った。

 女は一か月後には住所も変更していた。女性の怖さを知るも、後の祭りだった。

 

*女性の怒りはポイント制といわれています。交友関係を築く、恋愛するにあたってくれぐれも蓄積しないように気を付けましょう。一度許されたからといって、同じことを繰り返すと失敗します。

*一度、嫌いになるとよほどのことがない限り、修復しないのでそこも念頭に置いておくといいですね。万が一、怒りが静まって修復可能であるならば、親しくなれるチャンスなので逃さないようにしましょう。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 【雑種猫の特徴と、純血種との違い】①
  2. 海外旅行へ行く前にすること
  3. プレミアム商品券について
  4. 愚痴をいわない人と親しくなりたい
  5. 土日の京阪電車にプレミアムカーが戻ってくる
  6. 働きアリの法則
  7. 小径タイヤ(ミニベロ)自転車を使う時の注意点
  8. 規制緩和による電動キックボードの動向

おすすめ記事

『お疲れ様!』―この一言で疲れも吹き飛ぶ―

今日も…一日お疲れ様。何気ない一言だけど……

武蔵村山市精神障害者 地域活動支援センター お伊勢の森

障がい者就労支援センター 愛・あいネット

利用者の意思及び人格を尊重して常に当該利用者の立場に立った適切な指定障害福祉サービス等の提供を確保す…

ビルド神保町

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労に向けた支援として省令第六条の十の…

たいよう 

運営理念 私たちは山梨県のハンディキャップを持つ人たちの育成、自立支援事業を通して地域社会の活性化に…

新着記事

PAGE TOP