健康

より良い睡眠のために

 

 睡眠は食事と同じで、切っても切り離せない。一日24時間の内、睡眠に費やす時間の目安を8時間とすると、一生において、三割ほどを就寝に費やすことになる。

 睡眠をとるために一番の特効薬となりうるのは疲れていること。体内に疲労を蓄積していれば、何も考えることなく眠ることができる。

 いろいろなことが脳内を駆け巡るのは、体力的な余裕があるから。眠ることしかできない状態で、あれこれ考えている猶予はない。身体が真っ先に睡眠をとろうとする。

 眠りやすい身体を作るために、適度な運動をしてみるのもいいかも。身体を動かすことで、ストレス解消にもつながる。

 運動以外にも個人個人に合ったストレス解消法がある。安らかな眠りにつけるような、やり方を個人個人で探っていこう。

 皆様に良い睡眠が訪れますように・・・・・・・・・・。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 「酔い止め薬」を服用した時に気を付けること
  2. アレルギー性鼻炎で学んだ生活の知恵
  3. 障碍者支援は生活管理を重点に相談してみよう
  4. コロナウイルスの広まりで市場からマスクがなくなる
  5. 「過度の連続飲酒すると心身はどうなるのか?」:傾向と対策
  6. 「ウインターブルー」って知っていますか?
  7. 薬等の離脱症状になると、どの様な感じになるのか:解説と対処法
  8. アレルギーの患者が増加している.

おすすめ記事

京阪電車に車両ジャック予告(予告日は2021年7月24日)

 コロナは茶番だと主張する団体が、7月24日に京阪電車にマスクをつけずに乗車すると予…

てとてと常盤作業所(松川)

利用者が地域において日常生活が営むことができるよう、利用者の身体その他の状況およびその置かれている環…

サポ−トセンタ−あかつき

・事業にあたっては、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう配慮して行うものとする…

幌西ほうおん

1.個性を大切にします。2.意思決定を尊重します。3.権利擁護を基本とします。4.社会参加・地域活動…

ワークスタジオ☆まごころ

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP