健康

より良い睡眠のために

 

 睡眠は食事と同じで、切っても切り離せない。一日24時間の内、睡眠に費やす時間の目安を8時間とすると、一生において、三割ほどを就寝に費やすことになる。

 睡眠をとるために一番の特効薬となりうるのは疲れていること。体内に疲労を蓄積していれば、何も考えることなく眠ることができる。

 いろいろなことが脳内を駆け巡るのは、体力的な余裕があるから。眠ることしかできない状態で、あれこれ考えている猶予はない。身体が真っ先に睡眠をとろうとする。

 眠りやすい身体を作るために、適度な運動をしてみるのもいいかも。身体を動かすことで、ストレス解消にもつながる。

 運動以外にも個人個人に合ったストレス解消法がある。安らかな眠りにつけるような、やり方を個人個人で探っていこう。

 皆様に良い睡眠が訪れますように・・・・・・・・・・。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 薬の副作用が副作用でなくなり、主作用になることがある
  2. アレルギー性鼻炎で学んだ生活の知恵
  3. 運動しよう
  4. 睡眠導入剤の副作用の説明
  5. 日本の野菜、果物には大量の農薬が使用されている
  6. 口内炎ができたら…あなたはどう治す?
  7. 『歩くこと』の効用
  8. オートファジーシステム(16時間断食)が注目されている
PAGE TOP