健康

より良い睡眠のために

 

 睡眠は食事と同じで、切っても切り離せない。一日24時間の内、睡眠に費やす時間の目安を8時間とすると、一生において、三割ほどを就寝に費やすことになる。

 睡眠をとるために一番の特効薬となりうるのは疲れていること。体内に疲労を蓄積していれば、何も考えることなく眠ることができる。

 いろいろなことが脳内を駆け巡るのは、体力的な余裕があるから。眠ることしかできない状態で、あれこれ考えている猶予はない。身体が真っ先に睡眠をとろうとする。

 眠りやすい身体を作るために、適度な運動をしてみるのもいいかも。身体を動かすことで、ストレス解消にもつながる。

 運動以外にも個人個人に合ったストレス解消法がある。安らかな眠りにつけるような、やり方を個人個人で探っていこう。

 皆様に良い睡眠が訪れますように・・・・・・・・・・。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 貧乏ゆすりは健康に良い影響を与える
  2. 夜に眠りやすくなる方法(個人差あり)
  3. コロナウイルスが世界に広がりつつある
  4. 病院関係者のマスク不足
  5. 112歳まで生きるということ
  6. 私がアルコールを飲まなかった理由
  7. 薬の副作用が副作用でなくなり、主作用になることがある
  8. 痴漢を依存症と見立てて、治療するための病院がある

おすすめ記事

HOPEサポート北浜

ワークセンターぴぽろ 新町あすなろ

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

ゆうあいネット相談支援事業所

利用者等の心身の特性を踏まえて、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように配慮して…

相談支援センターMあんどH

共に生きる…

怖い話『空っぽのベビーカー』

まだ日が昇る前の薄暗い朝方、グランドの周囲をジョギングしていた。前方にベビーカー…

新着記事

PAGE TOP