レジャー

甲子園へ向けてのリスタート

 

  夏の高校野球が終わると、三年生が野球部を引退する。部に残った一、二年生で新チームを作り、次のステップに向かって歩み出す。

 三年生が抜けるとチームの様相もガラリと変わる。レギュラーが抜けた穴をどのように埋めていくのかか大きな鍵となる。監督は限られた時間で、どれだけのチームを作り上げられるのかを問われることになる。

 甲子園に出場したチームは新チームの編成が遅れるため、次の大会に向けて大きなハンデを抱える。個々の能力は高くとも、チームとしてまとまっていなければ勝ち抜くのは難しい。夏に引き続き、春も甲子園に導けるチームを編成できるかが大きな焦点となる。

 春は夏よりも出場枠が少ないため、連続出場は厳しい。厚い壁をぶち破って、聖地に足を踏み入れることはできるのか。監督の手腕に注目したいところ。

 夏の甲子園を逃したチームは雪辱をはらすために、秋の大会を必死に戦う。今度こそ甲子園に出場したい、強い意気込みを持って大会に臨む。

 最後に笑っているのはどのチームになるのだろうか。高校球児の秋から目が離せない。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 西山朋佳女流三冠は女性棋士として初めて棋聖戦の一次予選突破
  2. ヤクルトの村上選手はホームランの日本記録を更新するのか
  3. 【サッカー】伝説の選手、デニス・ベルカンプ
  4. 将棋の世界:名人戦における昇級、降級、降級点は一部変更となった
  5. 羽生九段が名人戦のA級から陥落
  6. 【サッカー】伝説の選手、アレッサンドロ・ネスタ
  7. 白鵬の初日の相撲を見て感じたこと
  8. 選抜予想2021(11月2日時点)
PAGE TOP