時事問題

市町村合併と「学校の閉鎖」の関連性

 

  近年、地方における市町村名の合併、学校の閉鎖が増えている。

 

 市町村が合併することで、元々の市町村名が変更される。居住地を構えている者にとっては、事務作業を黙々と進めるかのように、変えられてしまうのは悲しいものがある。元々の町名に誇りを持っている住人は、新しい市町村名をなかなかに受け入れがたい。

 

 通学する生徒の減少による学校の閉鎖も目立つ。強制的に新学校に通うことになった児童、生徒はどのような思いを持つのだろうか。慣れない環境に適応する現実と向き合っていけるのか。

 

 元々の母校への愛着が強い場合、新しい学校への通学をすぐに受け入れられない子供も一定数現われる。学校の閉鎖は、一生に大きな影響をもたらすこともありうる。

 

 学校が閉鎖した場合、自宅から新学校までの距離が遠くなるケースがほとんど。保護者にとっても負担増となる。我が子が卒業するまで、学校の存続を願う保護者は多い。

 

 母校が閉鎖することで、通っていた学校に愛着を持っていた大人を、ぽっかりと穴が開いたような寂しさで包んでいく。卒業した高校がなくなることに、やりきれない思いがこみあげてくる。

 

 大人の都合で市町村の統合はこれからも増えていく。住んでいる人に対するサポートは欠かせない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. あなたはコロナのワクチンを打ちたいですか?
  2. 免許返納にこぎつける難しさが事故を招く
  3. 女子軟式野球設立の動き
  4. 生レバ禁止問題について
  5. 【海外ニュースウォッチ】空飛ぶ自動車のゆくえ【第十五回】
  6. 京アニ放火事件の背景
  7. 精神障碍者の自殺問題(大阪)について
  8. 阪神淡路大震災から25年が経過した

おすすめ記事

株式会社都島ナース

利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じた自立した 日常生活を営むことができる様配慮…

Cocorport 湘南辻堂Office

関係法令と遵守と他の社会資源との連携を図り、適切かつきめ細やかな就労定着支援のサービスを提供する。…

ワークスペース 喜福

ワークスペース喜福は、難病者、慢性疾患者や中途障害者(精神疾患・高次脳機能障害等)の日中活動の場とし…

京都市南部障害者地域生活支援センター「ふかくさ」

1、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者の心身の状況、その置かれて…

親愛の里シンフォニー

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめの細かな就労継続支援(B型)のサービスの提…

新着記事

PAGE TOP