生活

プラスの要素を持つ人間と付き合っていこう

 

 最近は人間らしい温かみが社会からなくなったのか、ちょっと優しくされただけで勘違いする人が増えているような気がしてならない。偽物の対応であるにもかかわらず、本物と捉えてしまう人があまりにも多すぎる。身体は大人に成長しても、心は赤ん坊のときから一歩も成長していない。

 

 正直な話、そういう人とは関わり合いになりたくない。異性に例えるなら、ストーカーになりやすい性質を持っている。極めて危ない人間といえよう。

 

 冷たくすると、すぐに敵になってしまいやすいのも特徴。正直な話、接していてあまりにも面倒くさいのだ。メンタルを病むことはあっても、成長につながることはない。百害あって一利なしといえる。

 

 マイナスを持っているのかどうかは、表情や発言などで識別可能。怖い、醜い、きつそうといったイメージを持たれやすい人は友達が少なく、被害妄想に陥りやすい人間が多い。この会社はいい人間ばかりという人も、過去の会社でぞんざいに扱われていたことが伺える。負の要素を持つ人間と近づかないようにすることが、己の身を守ることに繋がる。

 

 よりよい人生を送るためにも、マイナスの人間とは近づかないようにしよう。当人にとってメリットのある人間を選別し、人生を歩んでいくことで広い、おおらかな心を持てるように心がけよう。マイナスに陥っていたとしても、決してマイナスの人間とかかわりを持ってはならない。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 本を読む時は【紙派?】【電子派?】
  2. しつこい男は嫌われる
  3. 紅茶の効能
  4. 京阪電車では、特急から快速急行に乗り換えるダイヤが存在していた
  5. 歯ブラシに固さがあるのは理由があった
  6. 私が使っていた化粧品
  7. 便利な道具が社会を不自由にしている
  8. 交際、結婚に向かないタイプ:13の特徴

おすすめ記事

ウェルビー町田市役所前センター

ジョブジョイントおおさかたかつきブランチ

特定非営利活動法人 夢工房おおぞら

コミュニティーケアセンターじゃんぷ

いこいファーム

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP