福祉・医療

障碍者のバスの恩恵範囲が広がった

 

 尼崎市では障碍者(身体、知的、精神は問わない)を対象に、市内の無料バス券を配布している。ちなみに大阪市では障碍者手帳を取得していると、地下鉄が半分もしくは無料になるサービスがある。地域によってどのようなサービスを受けられるのか異なるため、地方自治体に確認してみるといい。

 

 尼崎市では2017年3月より、ICカードのバス券が導入された。そのことで、恩恵の適用範囲がちょっとだけ広がった。IC導入前も尼崎市内で使用できる、紙の無料バス券が配布されていた。ただ、適用範囲が現在よりも狭かった。同じ市内を走っている、阪急バスでは使用できなかった。障碍者手帳を見せて、半額のバス代を払う必要があった。

 

 IC導入後は阪急バスも無料で乗れるようになった。尼崎市内における移動手段が増えた。足の悪い、お金のない当事者にとって財布に優しいシステムが構築されたといえよう。

 

 障碍者がちょっとでも生きやすくなるための制度が広がっていくといいな。当事者はそれを願ってやまない。

 

 生活の負担を軽減するために、障碍者手帳を見せることで、消費税を負担しなくてもよいといった制度ができるとありがたい。ハンデを抱えていることが、マイナスに思わないような社会が構築されることを願ってやまない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 発達障碍が働く難しさ
  2. 睡眠導入剤の副作用の説明
  3. 長崎五島の名産となっている「なんや餅」を販売するB型作業所の紹介…
  4. 自治体によっては、アルバイトをしながら就労移行(B型作業所)を利…
  5. 障碍者だからといって人生を諦めないようにしたい
  6. デイケアのプログラムについて【障碍者編】
  7. 障碍者支援の矛盾
  8. 障碍者の生きる道

おすすめ記事

バレンタインデーに愛の告白をするのは少数派

 バレンタインデーの形態が転換期を迎えているようです。 近年は市販で購入したもの…

就労支援センターあおい 

ベストライフ都城

当事業所は無農薬の椎茸の栽培や、清掃作業や除草作業の軽作業を行うことで、利用者が地域に密接に関われる…

栄仁会 ワークネットきょうと

精神障害者を主たる対象者として、一般就労への移行に向けた支援を行っている。医療やリハビリに関連する専…

障がい福祉サービス事業所 夢工房

生産活動、その他の活動を通じて、利用者の特性に応じ、働くことに対する意欲や就労のために必要な能力の向…

新着記事

PAGE TOP