福祉・医療

障碍者のバスの恩恵範囲が広がった

 

 尼崎市では障碍者(身体、知的、精神は問わない)を対象に、市内の無料バス券を配布している。ちなみに大阪市では障碍者手帳を取得していると、地下鉄が半分もしくは無料になるサービスがある。地域によってどのようなサービスを受けられるのか異なるため、地方自治体に確認してみるといい。

 

 尼崎市では2017年3月より、ICカードのバス券が導入された。そのことで、恩恵の適用範囲がちょっとだけ広がった。IC導入前も尼崎市内で使用できる、紙の無料バス券が配布されていた。ただ、適用範囲が現在よりも狭かった。同じ市内を走っている、阪急バスでは使用できなかった。障碍者手帳を見せて、半額のバス代を払う必要があった。

 

 IC導入後は阪急バスも無料で乗れるようになった。尼崎市内における移動手段が増えた。足の悪い、お金のない当事者にとって財布に優しいシステムが構築されたといえよう。

 

 障碍者がちょっとでも生きやすくなるための制度が広がっていくといいな。当事者はそれを願ってやまない。

 

 生活の負担を軽減するために、障碍者手帳を見せることで、消費税を負担しなくてもよいといった制度ができるとありがたい。ハンデを抱えていることが、マイナスに思わないような社会が構築されることを願ってやまない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 支援員に過度な期待をしてはいけない
  2. 支援者と利用者【障碍編】
  3. 職場で様々な課題と直面する発達障碍者へのアドバイス
  4. 短編小説 : 『縮まらない距離』
  5. 高齢者の就職支援を静岡県で行っている
  6. 障碍の種類を絞って支援する事業所もある
  7. 障碍者の生涯工賃と比べてみた
  8. 障碍者が一般会社で働く難しさ2

おすすめ記事

泉の家

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめ細やかなサービスを提供します。…

passo

1 事業所は,障がい者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする…

すぽるたあと

当該利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう利用者に対して就労の機会を提供するとと…

就労継続支援センター きらら

この法人は、自立の意欲がありながら、一般就労の困難な障害者に対し、地域社会や関係機関と連携し、障害者…

ひまわり 

新着記事

PAGE TOP