福祉・医療

障碍によるハンディを理解する

 

  障碍当事者にとって辛いことの一つとして、努力しても相手に伝わらないことが挙げられる。精神障碍者もかなりの苦難を強いられるけど、知的障碍者とは比にならない。彼らにとっては死活問題と呼べるほど大きな問題だ。

 知的障碍を患っていると、成長のボーダーが一般人よりも低い統計結果があり、軽度知的障碍で一般人の半分ほどにとどまる。重度となるとより重くなる。汗を流したとしても結果に繋がらないことがままある。

 日本の風潮として才能を否定する人が多いけど、知的障碍者は紛れもなく成長の壁に阻まれている。生まれつきの障碍を抱えることによって、計算、空間把握、言語力、瞬発力、指先のいずれかが他人よりも著しく劣っている確率が高い。一般人が1000年解析したとしても分かり得ない、生きにくさを感じている。

 人間社会は結果のみで判断してしまいがち。成果を上げられなければ、やっていないとみなされる。それゆえ、知的障碍者は能力で褒められることはほとんどない。

 他人に迷惑をかけることで、本来は関係ないはずの人格まで否定される。あるいは否定されたと思い込んでしまう。そのことで、心理に大きなマイナスを及ぼしてしまう。最終的にはひきこもり、自殺志願者などを生み出すことにもつながる。

 悪い空気はウイルスのように拡散し、病気を抱えていない者にも伝染する。負が新たなマイナスを生み出す。

 当事者の苦労を分かってほしいとは思わない。そうだとしても、もっと優しさのある社会で生きたい。障碍者が明るく生きられるような社会が構築されていくといいな。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 退職した会社から電話
  2. 障碍者枠で働いている人に対する一般人の評価
  3. A型作業所の給料、B型作業所の工賃はどれくらいなのか?
  4. 支援者ができるのは一つだけ【障碍編】
  5. 障碍者へのアンケートを行っている市もある
  6. 身体障碍者は、無人駅とどう向き合っていくのか
  7. 特別支援学校に通うメリットとデメリット
  8. 発達障碍者は、支援者の変わる支援センターに登録しない方がいい
PAGE TOP