福祉・医療

障碍者手帳の基準が全国で統一されていないことに違和感がある

 

 兵庫県(神戸市を除く)と北海道では発達障碍であった場合、IQの如何にかかわらず療育手帳を取得できる。極端な話、東大卒、京大卒であったとしても、発達障碍と診断されれば、療育手帳を取得できる。IQ120を超える天才が知的障碍の境界線とみなされる、療育手帳を所持していることに、クエスチョンマークを浮かべる人は多数いるだろう。

 

 療育手帳は精神福祉手帳よりもメリットが大きい。一番身近な恩恵は長距離における、電車、バス代が半額になること。精神福祉手帳では電車、バス代を半額にできない。3000円のバス代を1500円で済ませられるメリットは小さくない。療育手帳を所持することで、身体障碍者手帳と同じ権利を受けられる。

 

 兵庫県では一定以上の能力を持つ人は、更新する必要がないため、医師の診断書代が節約可能となっている。精神福祉手帳は二年に一度更新しなければならないため、その都度診断書代がかかってしまう。自由に使用できるお金があまりない障碍者からすれば、計り知れないメリットがある。

 

 精神の状態がよくなれば、通院をストップさせることもできる。精神障碍者手帳は更新のために、定期通院する必要がある。診察代、通院する時間を省けて一石二鳥だ。

 

 全国で兵庫県や北海道に続く、基準を設ける都道府県は現れるのだろうか。これからの対応に注目したい。障碍者として生まれたハンデを補うような制度に期待したい。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 発達障碍者の対人関係は長続きしにくい
  2. 精神科の口コミ情報はあたっているのか
  3. 障碍者はどのような分野に就職するのか
  4. ハローワークにサポーター(障碍者向け)が配置された
  5. 痴漢を依存症と見立てて、治療するための病院がある
  6. 高次脳障碍がつきにくい仕事
  7. 障碍者施設に感じたわずかな希望
  8. 支援員の悲しい現実

おすすめ記事

新明塾 山科教室

通常の事業所に雇用されることが困難なものにつき,生産活動その他の活動の機会の提供,就労に必要な知識及…

京丹波町共同作業所

ハウス陽だまり

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するとと…

ペガサス横須賀センター

一人ひとりの尊厳ある人生を創造し自由に羽ばたく未来を築きます…

たじま聴覚障害者センター

「一人ひとりを大切に共に生きる」を理念に、兵庫県北部に位置する但馬地域の聴覚障害者及びその他の障害者…

新着記事

PAGE TOP