レジャー

クライマックスシリーズの是非を問う

 

 日本のプロ野球ではリーグで3位までに入ると、「クライマックスシリーズ」の出場権を得る。

 日本シリーズへの出場権をかけて争う、クライマックスシリーズは必要なのだろうか。

 リーグ優勝同士が日本一をかけて争う、昔のシステムを望んでいるファンも多いのではなかろうか。2位と10ゲーム以上の差をつけて、短期決戦に負ければ日本シリーズに出場できないのであれば、何のためにペナントを独走したのかわからない。長期戦なら差をつけられても、短期決戦では勢いのあるチームが勝ちやすい。アドバンテージがあったとしても、下剋上は充分に起こり得てしまう。過去には下位のチームがリーグ優勝したチームに4連勝して、日本シリーズに進んだケースもある。

 2位以下のチームが勝率5割を切っていたとしても、日本一の称号を手に入れる可能性があるのは大きな問題点。相撲にたとえるなら、負け越した力士を優勝扱いするようなもの。勝率が5割を切った場合は、自ら辞退できる制度を設けてみてはいかがだろうか。

 ペナント熱を最後まで保つために設けられたクライマックスシリーズ、再考する時期に差し掛かているのかもしれない。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 夜行バスにのるときに気をつけたいこと3選
  2. 将棋棋士の橋本八段が現役引退
  3. プロ野球のノンテンダー契約は戦力外だったのか
  4. パラリンピックで71歳の選手が出場権を獲得した
  5. 大相撲の7月場所で白鵬が全勝優勝
  6. 里見女流四冠が出場する棋王戦の本戦トーナメントの組み合わせが決定…
  7. 西山朋佳女流三冠が竜王戦6組のベスト8に進出
  8. 高校サッカーのスーパーシード制(地域別)
PAGE TOP