レジャー

プロ野球、後半戦の行方は

 

 日本プロ野球(NPB)のペナントが進み、各チーム残り試合が30~40試合となった。

 

 セリーグでは5年ぶりのリーグ優勝を狙う巨人、パリーグでは2年ぶりのリーグ優勝を狙うソフトバンクが首位に立っている。パリーグでは早ければ24日にもマジックが出る。

 

 巨人はDeNAと広島の猛烈な追い上げにあうも、ゲーム差を広げつつある。ゲーム差を保っていけば優勝は固い。5年ぶりの悲願なるか。

 クライマックスシリーズ進出も熱を帯びている。リーグで3位までに入れば、日本シリーズに出場できる可能性が残る。日本一を目指して、日々試合を行う。

 

 タイトル争いも見逃せない。打率、本塁打王、打点トップを目指してしのぎを削る。

 優勝争い、タイトル争いから目を離せないプロ野球。最後に笑っているのはどのチーム、プレイヤーになるのだろうか。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 名人戦において、マスク不着用で反則負け
  2. 斎藤佑樹投手が現役を引退
  3. プロ野球の展開予想(2020年9月29日時点)
  4. 【レポート】特別展「毒」に行ってきました!!
  5. 常識を覆す野球ゲームがある
  6. 3000系ライナーが実現するときは来るのか
  7. 【サッカー】ヨーロッパのサッカーシーンあれこれ
  8. 木崎海は引退届を提出
PAGE TOP