時事問題

京アニ放火事件の背景

 

最近、京アニで放火事件があり、七〇人以上の命が失われた。被害者には「らきすた」を担当した監督も含まれている。

 放火事件は命だけでなく、家族の心までを殺した。取り残されたものはどのようにして生きていくのか。やりきれない思いに苛まれながら、残りの人生を送ることになる。

 事件を起こした張本人(加害者)は賢明な治療で助かり、警察に逮捕された。これだけの被害者が出ているにもかかわらず、加害者を助けたのは事件の全容を少しでも解決したいという思いからだろう。多数の事件を起こす前に、心のケアをしていれば防げたかもしれないだけに、時期があまりにも遅すぎたといえる。

 前代未聞の殺人犯の治療に携わった医者はさぞつらかったに違いない。生命を助けなければ疑似殺人、命を救えば殺人犯を生かした悪人として扱われる。非情な治療をさせられた、医師のメンタルをきっちりとケアする必要がある。

 加害者の口から発せられた動機は「原稿を落とされた」というもの。被害妄想が今回の事件を引き起こした。

 重大事件が起こるとき、マイナス要素が付きまとっている確率が高いように感じられる。他人への復讐心、嫉妬心などを取り除かない限り、重大事件はなくならない。殺人事件で名を残す目的で、一〇〇人以上の命が奪われる事件が近いうちに起こるかもしれない。本気で事件を起こす人は、人生を捨てている場合が多く、後先のことは考えていない。

 人間の心から闇が消えることはない。

そうだとしても、取り除く努力を日常的に行っていかなければ、尊い命が奪われていくのを避けられない。

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 高等教育無償化は進学の役に立つか?
  2. 路線バスの低迷で地方の足が消えていく
  3. 学校教員はブラック環境で辛いと言うが、自業自得だ
  4. マスク着用せず咳で電車ストップ
  5. ソフトバンクの店舗撤去問題
  6. テレワーク導入はコロナウイルスの蔓延を助長するリスクもある
  7. コロナウイルスのワクチンを廃棄
  8. 脳性麻痺があっても前に進み続ける
PAGE TOP