時事問題

京アニ放火事件の背景

 

最近、京アニで放火事件があり、七〇人以上の命が失われた。被害者には「らきすた」を担当した監督も含まれている。

 放火事件は命だけでなく、家族の心までを殺した。取り残されたものはどのようにして生きていくのか。やりきれない思いに苛まれながら、残りの人生を送ることになる。

 事件を起こした張本人(加害者)は賢明な治療で助かり、警察に逮捕された。これだけの被害者が出ているにもかかわらず、加害者を助けたのは事件の全容を少しでも解決したいという思いからだろう。多数の事件を起こす前に、心のケアをしていれば防げたかもしれないだけに、時期があまりにも遅すぎたといえる。

 前代未聞の殺人犯の治療に携わった医者はさぞつらかったに違いない。生命を助けなければ疑似殺人、命を救えば殺人犯を生かした悪人として扱われる。非情な治療をさせられた、医師のメンタルをきっちりとケアする必要がある。

 加害者の口から発せられた動機は「原稿を落とされた」というもの。被害妄想が今回の事件を引き起こした。

 重大事件が起こるとき、マイナス要素が付きまとっている確率が高いように感じられる。他人への復讐心、嫉妬心などを取り除かない限り、重大事件はなくならない。殺人事件で名を残す目的で、一〇〇人以上の命が奪われる事件が近いうちに起こるかもしれない。本気で事件を起こす人は、人生を捨てている場合が多く、後先のことは考えていない。

 人間の心から闇が消えることはない。

そうだとしても、取り除く努力を日常的に行っていかなければ、尊い命が奪われていくのを避けられない。

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 大谷のホームラン王に期待
  2. 田中将大投手が来期は楽天でプレイする
  3. 快速急行プレミアムカーはどれくらい利用されるのか
  4. 香川県が依存症対策としてゲーム時間を制限する条例を可決
  5. 神戸の高齢者施設で133人がコロナに感染し、25人が死亡
  6. 全国の最低賃金改定状況
  7. 京阪電車:正月ダイヤで8000系の快速急行、急行運用が一時的に復…
  8. コロナウイルスの検査には優先順位があるのか

おすすめ記事

夢啓

1.事業所は、利用者と雇用契約を締結し、障害者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行…

障害福祉サービス事業所 多賀の里

事業所は、利用者個々の意向、趣向、障害の特性その他の事情を踏まえた個別支援計画を作成し、これに基づき…

株式会社 巣だち 呉事業所

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者自立支 援法施行規則第2…

株式会社帆の風 千歳事業所

障がい者総合支援法等関係法令の理念に則り、利用者の自立と社会経済活動への参加を促進するために、通所に…

Coco−Make葛城 

就労継続支援B型事業者は利用者の意思及び人格を尊重し、常にその者の立場に立ったサービスの提供に努める…

新着記事

PAGE TOP