詩・ポエム

『目を無くしてしまった』

 

突然少女は…

 

目を無くしてしまった。

 

一体何が少女に起きたのだろう…?

 

目を無くした少女は…

 

落ち込むことなく…

 

素敵な笑顔を見せてくれたのだ。

 

そんな笑顔に…

 

あたしは、毎日癒されていた。

 

文章:Dos diosas

関連記事

  1. 詩:『道を究める』
  2. 詩:『この世界で』
  3. 『前を向きたい』
  4. 『凍った心』―誰かの温かさに触れて居たい―
  5. 『いいじゃん!』―あなたらしさが自分を変える―
  6. 『季節』―春の季節は、別れと出会いの季節―
  7. 『信頼を勝ち得るために』
  8. 『冒険』-人生を冒険にたとえてみようー
PAGE TOP