雑学

パンの「冷蔵保存」はNG!

 

筆者は週に2回くらいパンを買って帰ることがあります。

そんな時、母もパンを買っていたりすることが多々ありました。

翌日食べれば良いか...と思い冷蔵庫に入れていましたが、

最近読んだ本に「パンを冷蔵保存してはいけない」と書いてありました。

 

当然、冷凍庫で保存すれば乾燥し、パサつく事に成ると思っていましたから、

ビニール袋に入れて乾燥しないようにしていました。

ところが、そもそも「冷蔵保存」が良くなかったようです。

 

 

なぜかと言うと、パンの成分の「でん粉」が、当初はふっくら焼き上げられて

構造が緩んでいたものが、

冷蔵庫内の温度(大体2~3℃)で規則正しく結晶のように並び始め、

固くなる為だそうです。

なるほど、乾燥を防いでいてもダメだったのですね!

 

そこで保存する方法に良いのが「冷凍保存」なのです。

急速に凍らせると、「でん粉」の変化が進まず、焼きたての状態で保存出来るそうです。

食べる時は自然解凍(室温に1時間~2時間程度)すれば良いそうです。

 

但し、「冷凍保存」に向いていないパンも有るので注意が必要です。

生クリームを使用しているパンや、フルーツ、野菜などを使用している

菓子パンや惣菜パン、デニッシュ系のパンは「冷凍保存」に不向きなようです。

 

最後に、ロールパンやフランスパンは、オーブントースターのタイマーを

5分くらいにセットし、何も入れずに中を温めて、スイッチが切れてから

パンを入れて2分くらいおくと、

余熱だけでふっくら焼きたてのパンになるそうです。

 

文章:エムユー

関連記事

  1. 「ビーチコーミング」をしてみよう
  2. 世界の国と国旗☆第68回目 サウジアラビア王国
  3. 世界の国と国旗☆第10回目 アルメニア共和国
  4. 台風について①
  5. 世界の国と国旗☆第34回目 オランダ王国
  6. 吟醸酒はなぜ冷やが良い?
  7. 今さら聞けない、ハンバーガーのウンチク
  8. 世界の国と国旗☆第32回目 オーストリア共和国

おすすめ記事

IPPOマネージメントサービス

1.障害者の基本的人権を守り、完全参加と平等、ノーマライゼーションの実現をめざします。 2.地域にお…

Enishi

利用者が自立・自律した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障がい者の日常生活及び社会生活を総…

やましろ作業所

利用者が、常に主体であることを留意しながら、一人ひとりの個性と意向を尊重し、もっとも有効な支援の方法…

ふくろう工房

社会福祉法人茨城町社会福祉協議会 指定障害福祉サービス事業所カルム

利用者が雇用契約を結ばず継続して就労・生産活動を行いながら、就労技術の向上及び生産能力の維持・向上等…

新着記事

PAGE TOP