雑学

虫歯菌と常在菌の話し

 

常在菌(じょうざいきん)?...と思う方もおられると思いますが、

読んで字のごとく常に存在する細菌の事です。

 

細菌と言うと、バイ菌などを連想しますよね。

バイ菌で連想する「ばいきんまん」は「アンパンマン」にやっつけられる悪役ですし...

 

ところが細菌も悪い奴ばかりでは無いのです。

最近テレビを見ていたら虫歯についての話しをしていました。

その内容とは、筆者が記憶している内容と同じ事を説明していたので、記憶は

間違って無かったと再確認したのです。

説明の内容とは、虫歯に成らない人も少数存在する。

それは、3歳迄に虫歯菌(ミュータンス菌)に感染しない人は虫歯に成らない

と言う事です。

理由は、3歳迄に色々な細菌が口の中に住みつき常在菌となり、後から来た虫歯菌を

駆逐する為です。

 

例えば、常在菌の縄張りに虫歯菌が割り込んだ時に、

「なんやと!ミュータンス組が、わしら常在菌連合の縄張りを荒らしに来たやと!

ええ度胸しとるやないか!常在菌連合をなめとんのか!

ミュータンス組なんかいてもうたれ!」

と言う所でしょうか。

 

他にも常在菌は、人の体の色々な所に存在し、皮膚に存在する菌は、

皮膚のバリア機能を保つ役割をしている場合も有るそうです。

 

人は細菌とも共生している分けですね。

 

文章:エムユー

関連記事

  1. 世界の国と国旗☆第41回目 ガボン共和国
  2. 冬至にカボチャを食べる理由
  3. 日本で唯一の日本製伝世レイピア『水口レイピア』
  4. 今さら聞けない、ハンバーガーのウンチク
  5. 世界の国と国旗☆第54回目 キルギス共和国
  6. 台風について③
  7. 「ラジオ局の周波数」なぜ切りが良くない?
  8. 世界の国と国旗☆第46回目 北朝鮮

おすすめ記事

煌樹 

利用者が自立した日常生活又は、社会生活を営むことができるよう通常の事業所に雇用されることが困難な利用…

ワークステーションむつごろうⅠ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して一定の期間にわたり、生産活…

ジル・ドゥルーズ『記号と事件』河出文庫

ジル・ドゥルーズ『記号と事件』本書は、二十世紀フランスの哲学者ジ…

J&Jふれあい工房2号館

運営母体である名成化学工業㈱との連携により、入居者の活躍の場を作ることで、社会との関わりを学び自立し…

オレンジ工房あげき 

利用者の意思及び人格を尊重し、利用者の立場に立った、適切かつ円滑なサービス提供を確保することを目的と…

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP