雑学

虫歯菌と常在菌の話し

 

常在菌(じょうざいきん)?...と思う方もおられると思いますが、

読んで字のごとく常に存在する細菌の事です。

 

細菌と言うと、バイ菌などを連想しますよね。

バイ菌で連想する「ばいきんまん」は「アンパンマン」にやっつけられる悪役ですし...

 

ところが細菌も悪い奴ばかりでは無いのです。

最近テレビを見ていたら虫歯についての話しをしていました。

その内容とは、筆者が記憶している内容と同じ事を説明していたので、記憶は

間違って無かったと再確認したのです。

説明の内容とは、虫歯に成らない人も少数存在する。

それは、3歳迄に虫歯菌(ミュータンス菌)に感染しない人は虫歯に成らない

と言う事です。

理由は、3歳迄に色々な細菌が口の中に住みつき常在菌となり、後から来た虫歯菌を

駆逐する為です。

 

例えば、常在菌の縄張りに虫歯菌が割り込んだ時に、

「なんやと!ミュータンス組が、わしら常在菌連合の縄張りを荒らしに来たやと!

ええ度胸しとるやないか!常在菌連合をなめとんのか!

ミュータンス組なんかいてもうたれ!」

と言う所でしょうか。

 

他にも常在菌は、人の体の色々な所に存在し、皮膚に存在する菌は、

皮膚のバリア機能を保つ役割をしている場合も有るそうです。

 

人は細菌とも共生している分けですね。

 

文章:エムユー

関連記事

  1. 新幹線の「顔」のお話し
  2. なぜ幽霊には足がないのか?
  3. 世界の国と国旗☆第86回目 スロバキア共和国
  4. 第4回☆世界の国と国旗(アフガニスタン編)
  5. 復讐代行サービスとは
  6. 『動画共有サービス』が利用できるテレビは、危険で苦痛で有害
  7. 無料で本や雑誌が手に入るリサイクル図書
  8. アメリカの歴代大統領をご紹介します⑤
PAGE TOP