詩・ポエム

【人の数だけ】

 

下にあるものとないもの

上にあるものとないもの

右にあるものとないもの

左にあるものとないもの

前にあるものとないもの

後ろにあるものとないもの

 

それらはきっと自分が選んだ道にしかみえない

 

今あるものに満足できているか

今ないものにとらわれていないか

『形あるものいつかは壊れる』という言葉がある

なら

その形は誰がつくったものか

すべては自身のもつ手のなかにある

人には人の数だけの

価値観

表現

感性

魅力

ほかにも幾つもの心が存在する

それらをどのように生み出し壊すかは自身しだい

 

文章:維楓

関連記事

  1. 『なんで…』
  2. 『友達?親友?』
  3. 『才能』
  4. 詩『「今」を大切に』
  5. 『重さ』―重さを半々に出来たらいいなー
  6. 『若いからって…』―若くてもって言葉が心を追い込む―
  7. 『前を向きたい』
  8. 『いつだって…』
PAGE TOP