詩・ポエム

【人の数だけ】

 

下にあるものとないもの

上にあるものとないもの

右にあるものとないもの

左にあるものとないもの

前にあるものとないもの

後ろにあるものとないもの

 

それらはきっと自分が選んだ道にしかみえない

 

今あるものに満足できているか

今ないものにとらわれていないか

『形あるものいつかは壊れる』という言葉がある

なら

その形は誰がつくったものか

すべては自身のもつ手のなかにある

人には人の数だけの

価値観

表現

感性

魅力

ほかにも幾つもの心が存在する

それらをどのように生み出し壊すかは自身しだい

 

文章:維楓

関連記事

  1. 『叫ぼう!』―誰かに届くまで叫ぼう―
  2. 『毎日使った机』―本当に今までありがとうー
  3. 『子供のままがいい』―大人になると子供に戻りたくなるー
  4. 『精神は、鍛練なしには堕落する』
  5. 『嬉しさの裏側』
  6. 『波があって当然!』―人生山あり谷あり―
  7. 詩:『常に勉強』
  8. 「第三者の優しさによって」
PAGE TOP