詩・ポエム

【私の当たり前】

 

当たり前のようにいつもそばにいてくれる存在

仕事から帰ると真っ先に飛びついてきてくれる

辛いときは一緒に横になってくれる

楽しいときや嬉しいときは私より飛び跳ねてくれる

一日の振り返りをどんなに長くても最後まで聞いてくれる

洗濯物が大好きで

散歩が大好きで

自転車が大好きで

ぬいぐるみが大好きで

おやつが大好きで

プールが大好きで

お風呂が大好きで

お留守番が大嫌いで

一人が大嫌いで

スーパーの袋が大嫌いで

暗いところが大嫌いな私の愛犬イブは私の当たり前

私にとってイブは当たり前の存在

心ある生き物は心で接すれば心で返してくれる

エゴじゃない

親ばかでもない

きれいごとでもない

人と人がそうであるように

人と動物もそうなのです

 

文章:維楓

関連記事

  1. 『何色にしますか?』―キャンバスに色を描こう―
  2. 『おやすみ……』
  3. 『タンポポ』―空に、羽ばたく瞬間―
  4. 詩:『頑張ったねといわれてもちっとも嬉しくない』
  5. 『季節』―春の季節は、別れと出会いの季節―
  6. 『最低の人間…』―最低の人間が近くにいてごめんなさい―
  7. 『当たり前』
  8. 『ありがとう』
PAGE TOP