健康

体に良い油って一体?

 

油は体にとって重要な成分なので、体に良い油を摂取するのが理想的です。

 

〔油の役割とは?〕

1.脂質は細胞膜などの生体膜をつくる

(約60兆個あると言われる細胞の膜はタンパク質と脂質でできています。)

2.第二のエネルギー源になる

(エネルギー源である糖質が無くなってくると、脂質からエネルギーを補います。)

3.熱の発散を防ぎビタミンDを合成する

(脂質は熱の発散を防いで、体温を保つ働きをしてくれます。)

4.内臓を支え、衝撃から守る

(お腹の周りには骨がないので、内臓を外からの衝撃から守るために、体脂肪はある程度必要です。)

 

これらの役割を果たす為には、細胞がきちんと働いてくれる必要があります。それには細胞を形成している油の質が大きな影響を及ぼしています。

 

〔体に良い油とは?〕

【aリノレン酸】

aリノレン酸はオメガ3系の脂肪酸のことです。

 

【aリノレン酸を多く含む代表的な油】

・亜麻仁(アマニ)油

・しそ油

・えごま油

 

【aリノレン酸の効果】

・血液をサラサラにする

・血圧を下げる

・脂肪の増加を防ぐ

・アレルギーを予防・緩和させる

・ガンを予防する

 

【オレイン酸】

オレイン酸はオメガ9系の脂肪酸です。

 

【オレイン酸を多く含む代表的な油】

・オリーブオイル

 

【オレイン酸の効果】

・コレステロールの上昇を抑える

・乾燥肌の予防・改善

 

ここで注意なのは、オレイン酸は酸化しにくいので加熱調理に向いていますが、aリノレン酸は“熱に弱い”という特徴があるので、加熱料理には使わない方がいいです。なので、生のまま野菜にかけたりして使うのが一番です。

 

文章:十六夜

関連記事

  1. 薬等の離脱症状になると、どの様な感じになるのか:解説と対処法
  2. 平熱であってもインフルエンザにかかる
  3. 薬の副作用が副作用でなくなり、主作用になることがある
  4. 初診のオンライン診察解禁(精神科のサイト付き)
  5. 貧乏ゆすりは健康に良い影響を与える
  6. コロナウイルスが急激に広がりを見せている2
  7. コロナウイルスの脅威はどれほどなのか
  8. 最近良く聞く言葉、「ソーシャルディスタンス」とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

はるか

障害者支援オフィス「ひので」

あぐり工房 

利用者が自立した日常生活または、社会生活を営むことが出来るよう、利用者を雇用し就労の機会を提供すると…

八天堂きさらづ

就労支援センター夢・あこがれ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

新着記事

PAGE TOP