雑学

東京と大阪では“浴槽の位置”が違う!

 

関東と関西の違いで有名なことの一つに、「エスカレーターの立ち位置」があります。

左側の立ち位置は関東も含め全国的に主流ですが、関西では右側に人が立っていて、その違いを意識した人は多いと思います。

 

関東と関西の違いを書いた本に「浴槽の位置」について書いて有りました。

関東などの銭湯の場合、入口付近にカランが並んだ洗い場があって、

奥に浴槽があるスタイルが一般的らしく、

それに対して関西では、浴槽が真ん中にある銭湯が主流だそうです。

 

おかべ たかし著、山出 高士写真『くらべる東西』東京書籍より引用

 

私は関西人で幾つかの銭湯に行った経験が有ります。

確かに大阪の銭湯は「浴槽が浴場の中央」にありました。

それに比べてテレビで見かける東京の銭湯では浴場の奥に浴槽が有り壁には富士山の絵が

描かれているのが一般的なように見られます。

 

そして大阪では浴槽の周りには、腰掛けられるように段があり、

カランの下に桶を置くための段差が有ります。

東京の銭湯には無いそうです。

テレビで見かける東京の銭湯にも無かったと記憶します。

 

西も東も同じように見える銭湯ですが、実は違いが有るのですね。

 

文章:エムユー

関連記事

  1. 「オスの三毛猫」のお話
  2. なぜ大阪では左側通行?
  3. ラグビーのルールを知らない人のために!
  4. リンスインシャンプーって良いの?
  5. 降水確率0パーセントで雨が降ることもあれば、降水確率100パーセ…
  6. 第2回☆世界の国と国旗(アイルランド編)
  7. 台風について①
  8. お風呂に柚子を入れる理由(冬至)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

松風園

利用者が自立した日常生活又は社会生活が営むことができるよう、生産活動やその他活動の機会の提供を通し、…

就労継続支援B型「ほっとスペース」

スマイルKOBO 滝谷事業所

関係法令を遵守し、地域との連携をしつつ適性且つきめの細やかな就労継続支援B型のサービスの提供を行なう…

はーと・なう かがやき

人員の体制及び運例管理に関する事項を定め、事業の円滑な運営管理を図るとともに、市民生活及び居宅のおい…

フローラ

フローラ、フローラⅡでは障がいがある人が、やりがいを持って穏やかに働き続けられるように様々な支援をお…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP