健康

【お正月太りにも効果あり?】オススメ食事健康法!

 

お正月食べ過ぎしまって…いわゆる“正月太り”をしてしまった方もいるのではないでしょうか?

そんな方に筆者もしている食事健康法をオススメしたいと思います!

 

ヨーグルトで痩せやすい体を!

ヨーグルトには乳酸菌、カルシウム、タンパク質、ビタミンB2などダイエットに効果的なものが含まれています。

・乳酸菌―腸内の善玉菌を増して、老廃物の排出を手助けする。

 

・カルシウム―脂肪の排出を手助けする。

 

・タンパク質―筋肉を作りだす。

 

・ビタミンB2-脂質をエネルギーに変える。

 

いつ食べればいいの?

自分の目的に合った時間に食べるのがベストだと思います。

 

<朝の場合>

・食前―食事に含まれている脂質や糖質をビタミンB2で分解する。

 

・食後―胃酸が薄まっているので善玉菌が腸に届きやすく便秘解消

 

<夜の場合>

夕食後に食べる事で、腸の環境を整え、老廃物の排出作用が高まる。

代謝機能が高まって、寝ている間に効率よく脂肪を燃焼してくれる。

 

食べる順番を気にする!

もう1つは野菜を食事前に食べることをオススメします。

お腹が減っていると、ご飯をがっつきたくなりますよね。しかし、ご飯などの炭水化物は血糖値を上げやすいのです。

人間の体は血糖値をコントロールするために“インスリン”というホルモンが分泌されます。

しかし、インスリンは血糖値を抑えるだけでなく、多く分泌されてしまうと脂肪を蓄える働きがあるので、太りやすい体を作ってしまう原因になる場合があります。

先に野菜を食べる事によって、野菜に含まれる食物繊維で血糖値の上昇を穏やかにして、太りにくい体を作ります。

 

まとめ

筆者はヨーグルトを朝の食前に食べています。食べるようになってからは体の調子も良い気がします。夜はできるだけ野菜から食べるように気をつけています。

 

大事なのは“太りにくい体”を作るってことでしょうね。痩せようと頑張ってダイエットするのは大変だと思うので…まずは“食べる順番”に気をつけてみるっていうのもいいのではないでしょうか?

 

※あくまで個人の感想なので、すべての方に効果があるとは限りませんのでご了承ください。

 

 

文章:十六夜

 

関連記事

  1. コロナウイルスが陽性だと言いふらす男性
  2. バターとマーガリンの違い
  3. アレルギーの患者が増加している.
  4. 喫煙率の低下
  5. E型肝炎ウイルス(HEV)は死ぬ事もある怖い病原体
  6. マスクをつけられない人たち
  7. 病院関係者のマスク不足
  8. 歯は虫歯にならなくてもしみる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ワークしもだて

イオ・グランデ条里

利用者が自立した日常生活又は社会生活をいとなむことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活…

就労支援事業所 Ai-Work

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者一人一人の特性・個性に応じた生産活…

株式会社トモニー・えひめ

利用社員が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用社員と雇用契約に基つ”き、通所によ…

オアシス

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめの細かな就労継続支援(A型)のサービスを提…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP