健康

【お正月太りにも効果あり?】オススメ食事健康法!

 

お正月食べ過ぎしまって…いわゆる“正月太り”をしてしまった方もいるのではないでしょうか?

そんな方に筆者もしている食事健康法をオススメしたいと思います!

 

ヨーグルトで痩せやすい体を!

ヨーグルトには乳酸菌、カルシウム、タンパク質、ビタミンB2などダイエットに効果的なものが含まれています。

・乳酸菌―腸内の善玉菌を増して、老廃物の排出を手助けする。

 

・カルシウム―脂肪の排出を手助けする。

 

・タンパク質―筋肉を作りだす。

 

・ビタミンB2-脂質をエネルギーに変える。

 

いつ食べればいいの?

自分の目的に合った時間に食べるのがベストだと思います。

 

<朝の場合>

・食前―食事に含まれている脂質や糖質をビタミンB2で分解する。

 

・食後―胃酸が薄まっているので善玉菌が腸に届きやすく便秘解消

 

<夜の場合>

夕食後に食べる事で、腸の環境を整え、老廃物の排出作用が高まる。

代謝機能が高まって、寝ている間に効率よく脂肪を燃焼してくれる。

 

食べる順番を気にする!

もう1つは野菜を食事前に食べることをオススメします。

お腹が減っていると、ご飯をがっつきたくなりますよね。しかし、ご飯などの炭水化物は血糖値を上げやすいのです。

人間の体は血糖値をコントロールするために“インスリン”というホルモンが分泌されます。

しかし、インスリンは血糖値を抑えるだけでなく、多く分泌されてしまうと脂肪を蓄える働きがあるので、太りやすい体を作ってしまう原因になる場合があります。

先に野菜を食べる事によって、野菜に含まれる食物繊維で血糖値の上昇を穏やかにして、太りにくい体を作ります。

 

まとめ

筆者はヨーグルトを朝の食前に食べています。食べるようになってからは体の調子も良い気がします。夜はできるだけ野菜から食べるように気をつけています。

 

大事なのは“太りにくい体”を作るってことでしょうね。痩せようと頑張ってダイエットするのは大変だと思うので…まずは“食べる順番”に気をつけてみるっていうのもいいのではないでしょうか?

 

※あくまで個人の感想なので、すべての方に効果があるとは限りませんのでご了承ください。

 

 

文章:十六夜

 

関連記事

  1. 貧乏ゆすりは健康に良い影響を与える
  2. 「過度の連続飲酒すると心身はどうなるのか?」:傾向と対策
  3. 野菜ジュースは糖質(糖分)が非常に多い
  4. 精神安定剤のリーゼを減薬する方法
  5. 外出自粛の中におけるストレス解消法
  6. 睡眠導入剤の副作用の説明
  7. アトピー性皮膚炎が自然治癒した
  8. 薬等の離脱症状になると、どの様な感じになるのか:解説と対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

就労継続支援事業所ウッドワン

半日のみ、週に一回のみ等、自分のペースで自由に通所できます。 「体力に自信がない」「長時間の拘束が苦…

ワークケアはつらつ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

ゆめの樹

通所による生産活動やその他の活動の機会の提供を通じて、一般就労に必要な知識及び能力の向上のために必要…

就労支援事業所 創楽

創ることを楽しみ、楽しみを創りだす、創造する。就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動を通…

多機能型事業所ごうでぃんぐ岩世ヶ原 

基本的生活習慣の安定を図る取り組み、創造的思考を高める取り組み、労働意欲を高める取り組みの3つの取り…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP