就労

仕事は権利

 

誰でも、仕事が憂鬱というか義務のように思える時があるのではないでしょうか?

 

仕事は、楽しい時ばかりでなく、時にはしんどい時もあります。

 

惰性に陥っていれば、なおさらでしょう。

 

義務のように感じてしまうのです。

 

けれど、よくよく考えてみますと、労働によってその対価としてお金をいただいているのです。

 

奴隷のように扱われていれば別ですが、生活のための糧をいただいているのです。

 

また、働くことにより、自分の可能性をどこまでも伸ばしていけるのです。

 

自分を律する事や、人の役に立てていることを実感して生きがいを持てるように充実した時間を得ることが出来るのです。

 

また、そのような自覚を持つことも大切ではないかと思います

 

なので、仕事をすることを義務ととらえるのではなく、権利であると受け止めていきたい。

 

自分が、どれだけ仕事によって成長していけるのかを楽しむ余裕を持ちつつ。

 

頑張っていきたい。

 

仕事ができることを感謝できるように。

 

文章:シャーペン

 

画像提供元:

https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F532%2F31769228802_97f70fb1fb_c.jpg&s=5847e9b11951cf157f38073c03f112a9

関連記事

  1. 車の免許だけは取ろう
  2. 働き方改革(有給取得義務)は、労働者にとって有利に働くのか
  3. 転職を3回経験したから言えること(下)
  4. 一般人は社会を維持する適正はあっても、開発などには向かない
  5. 転職を3回経験したから言えること(上)
  6. 転職を3回経験したから言えること(中)
  7. 障碍者が仕事をやめる理由
  8. A型作業所の給料、B型作業所の工賃はどれくらいなのか?

おすすめ記事

障がい者サポートセンター 三角ベース

○利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するとと…

就労移行支援事業所ココエール

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、活動の機会の提供を通じて、就労に必要な知…

『目の奥』―涙が流れる瞬間―

目の奥にある…水たまり。大きな雫が落ちた瞬間…

無能な上司が生まれる3つの法則

 どうして無能にしか見えない人間が上司になれるのか、疑問に思ったことはないだろうか。…

デイサポートかみふらの

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、常時介護を要する利用者に対して、入浴、排…

新着記事

PAGE TOP