詩・ポエム

詩:『理想を捨てて生きる』

 

 理想を持つことは誰にだってできる

 

 かなえられるのはほんの一握り

 

 ほとんどの人間は理想とは遠い世界を生きる

 

 妥協をしているうちに一生を終える

 

 何一つ思い通りにならないままあの世に旅立っていくのである

 

 人間は理想を捨てなければ、生きることはできないのだろうか

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f7/photo/14016534919/4facc5f290/

 

関連記事

  1. 『思い出したくない…』―記憶をリセットして新たな人生を歩みたい―…
  2. 『障害者であっても…』―障害を理由に逃げたくない―
  3. 『絆創膏を貼ろう』―必ず治るって信じたい―
  4. 『才能』
  5. 『なんだろう・・・』
  6. 『虹』
  7. 『青春とは』―人それぞれ青春の感じ方は違うー
  8. 『乗り越えた先に…』

おすすめ記事

GFTD. FUKUOKA WORKS

発達障害に特化した就労移行支援施設です。 事業所の理念としては『偏りを活かしあえる社会』を創ろうを掲…

ピアセンターかわちながの

1.利用者がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者…

LIG五香

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく就労継続支援A型事業所において、適正…

目に見える形で結果を出さないと評価されない

 目に見える形で、他人のためになることができればいいのに。地上にはそのような人間で溢…

ウェルビュウ 

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP