レジャー

休場を続ける横綱を強制的に引退させる制度が必要

 

 鶴竜が3月場所を休場します。理由は稽古中における怪我のようです。

 

 鶴竜の休場において、個人的に思ったことを書いていきます。

 

 年齢的に相撲を取るのは厳しい

 鶴竜は35歳です。相撲を取るのは厳しいかもしれません。

 

 稽古の負荷に耐えられないのに、本場所で相撲を取れるのか

 稽古で怪我をするような身体で、土俵に上がれるのでしょうか。個人的には非常に厳しいと思います。

 

 休場をずるずる伸ばそうとしている

 土俵に上がったとしても、まともな相撲になるとは思えません。休場を続けることによって、地位にしがみつこうとしているのではないでしょうか。

 

 横審から引退勧告を受けても休場を続ける可能性がある

 2021年3月場所を休場すれば、横綱審議委員会から引退勧告を突き付けられることになるでしょう。ただ、強制力はないため、横綱としてとどまることは可能です。適当な理由をつけて、現役を続ける可能性があります。

 

 横綱審議委員会の決議に解雇(強制引退)が加わる可能性もある

 休場を続ける横綱に対し、強制的にやめさせるという制度作りがなされるかもしれません。

 

 これまでは不要だったものの、しがみつく横綱が増えているので、決まりを作ったほうがよいでしょう。

 

 まとめ

 制度には反していないので、相撲界に居続けるのは悪いとはいえません。ただ、休場を続けた場合、無給にするというルール作りは必要かなと思います。横綱が休むだけの番付になってしまったら、大相撲会は衰退の一途を辿ることになるでしょう。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/7ec059eb9a6eba959a3002cbb3d168dd9a4f8301

©鶴竜の進退「看過している」? 横審の存在意義とは(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3265460/ 

 

 

関連記事

  1. 雇用保険の給付制限は、2020年10月1日より2ヵ月に短縮される…
  2. 2021年4月6日の「阪神ー巨人戦」で、珍しいタイミングでコール…
  3. 暖冬が日常生活に与える影響(主は水不足)
  4. 横綱の二人に注意を決議
  5. 竜王戦のみに出場する二人の棋士
  6. 消費増税による家計負担
  7. Pリーガー紹介④
  8. 相撲界(行司も含む)の厳しい縦社会

おすすめ記事

友愛作業所

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめ細かな就労継続支援(B型)のサービスを提供…

みずほ中庄事業所

一人ひとりに適した生産活動・個別相談・居場所作りを大切にしつつ、一般就労へ向けステップアップしていた…

世界の国と国旗☆第38回目 ガーナ共和国

皆様こんにちは椎名 夏梨(しいな かりん)です。いつも読んで…

障害者地域生活支援センターともに

中央介護センターサン相談支援事業所WAO

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP