時事問題

コロナウイルスの報道は偏っている

 

 コロナウイルスの報道を聞くたびに、日本人の脳の偏りを感じる。

 

 今回のターゲットとなっているのは飲食店。時短に応じない店については、店名を公表する方向性で話がまとまりつつある。

 

 飲食店はコロナウイルス感染を広げているように思えない。客の少ない状態で、声を出さずに食事をすれば、第三者に感染させる確率は極めて低いのではなかろうか。

 

 時短をしたからといって、コロナの感染を防げるのか疑問符が付く。同時間帯に客が集中しやすくなるため、コロナ感染のスピードを助長するリスクもある。

 

 飲食店を占めることによって、他の店に客が集中する事態も想定される。これまで以上に密になり、コロナの感染速度をあげるような気がしてならない。

 

 3~4月ごろにパチンコ店やキャバクラがターゲットになったのは記憶に新しい。証拠がないにもかかわらず、これらを悪であるというイメージを世間に植え付けた。営業している人からすれば、たまったものではないだろう。

 

 コロナウイルスにかかるのは、一カ所とは限らない。それにもかかわらず、どこかを悪者にしようとする風習はおかしい。日本人独特の他人を犠牲にして、自分の身を守ろうとする力が強烈に働いているような気がしてならない。自分がターゲットにならないよう、どこかに責任転嫁をしている。

 

 飲食店の次はどこがターゲットになるのか。生活必需品を提供している、スーパーマーケット、薬局などを悪とする風習が広がれば、日常生活に支障をきたすことになりかねない。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/photo4/darts-target-bulls-eye-delivering-play-darts/

関連記事

  1. マスクはタイミング次第で購入可能
  2. 新庄剛志さんがトライアウトを受験
  3. 女子の高校野球が甲子園で開催されるかもしれない
  4. 代表選手が国際化しつつある
  5. 重度障碍者が国政の場で働く
  6. コロナウイルスによる差別、罵倒が起きている
  7. 雇用保険の給付制限は、2020年10月1日より2ヵ月に短縮される…
  8. 10万円を支給する方向で調整が進んでいる

おすすめ記事

どんぐり

障害者自立訓練サポートセンター わーよか

1)当センターは、利用者に対して、自立と社会経済活動への参加を促進するために、関係法令に基づいてセン…

福祉作業所 ピノキオ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難であっ…

Compass

ピアはぁーと

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の訓練の機会を提…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP