福祉・医療

竹炭、竹酢などを製造するB型事業所の紹介

 

 地元の竹を使用して、竹炭、竹酢の製造販売に取り組んでいる、B型作業所について説明する。

 

 竹炭とは竹を人為的に炭化させたものとなります。効果について下記に記す。

 

 調湿

 周囲の空気中水分を吸着し、乾燥時に吐き出す効果を持つ。800~1000℃で焼き上げたものが効果的で、半永久的に効果は持続する。

 

 脱臭・空気浄化

 様々な匂いの元となる物質を物理吸着するといわれる。800~1000℃で焼き上げると、多くの臭いの元を除去できる。

 

 水質浄化

 水道水に入れることによって水を浄化できる。竹炭に含まれるカリウム・マグネシウムが放出される効果もある。飲料水・炊飯及び料理の際に用いられる。

 

 土壌改良

 含水性を向上、微生物の棲息場所を提供する。

 

*竹炭の効果は焼き上げた温度によって異なります。

 

 竹酢とは竹を蒸し焼きにし、炭化するときに煙突から出る排気ガスを採取し、後に冷却することで液化させたものを指します。

 

 消臭、殺菌、防菌、防虫効果などに効果があるとされています。体質によっては水虫やアトピーにも効くこともあるようです。(逆効果になる人もいるので注意が必要)

 

 竹炭・竹酢を作ってみたいという方は見学を申し込んでみてはいかがでしょうか。竹に関する知識を学べると思います。

 

 米 今回紹介した事業所及びホームページを下記にあげます。

  事業所名

  障害福祉サービス事業所 多久作業所 (多久市東多久町大字別府4319番地3 )

  ホームページ

  http://taku-takenosato.com/

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍について理解を深めると
  2. 平熱であってもインフルエンザにかかる
  3. 精神科を変更する場合にやっておきたいこと
  4. 高次脳機能障碍者向けの就労移行支援事業所
  5. 障碍者手帳の基準が全国で統一されていないことに違和感がある
  6. 平均給料の推移から垣間見えるA型作業所の課題 
  7. 榊原哲也『医療ケアを問いなおす-患者をトータルに見ることの現象学…
  8. 6割程度の対人関係を目指そう【障碍者編】

おすすめ記事

ワークサポートさくら

ほっと Space

相談室 こぱん

障がいのある方の生活や支援に関して不安なこと・困っていることがあればご本人・ご家族からの相談にのりま…

『何度も…』

何度も死にたいと思っていたことか… でも死にたい=生きたいんだよ…

就労継続支援B型事業所 ルチア

①利用者の意向、適正、障がいの特性等の事情を踏まえた上で適切に就労継続支援B型サービスを提供いたしま…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP